フィラデルフィア・76ersが職員の給与カットの方針を撤回

フィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)と同じオーナーグループが経営する、北米アイスホッケーリーグNHLニュージャージー・デビルズは先日、フルタイムで働いている職員の給与を20%カットすることを発表した。これは新型コロナウィルスの影響で、NBA、NHLともシーズンが中断されていることによる収益悪化をうけての処置である。年俸5万ドル(約550万円)以上が対象になると報じられていた。 しかし、周囲から大きな批判を浴びたことをうけ、この方針を撤回している。筆頭オーナーのジョシュ・ハリスは、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者の取材に対して、次のような声明を発表している。 「私たちの義務は、このとても困難な状況において、全ての職員を守るためにベストを尽くすことだ。スタッフ、選手たちの意見を聞いて、この決断が間違っていたことは明らかだ。私たちは給与カットの決断を撤回し、職員に満額を支払う。今、世界は異常な状況となっていて、通常のビジネス上の決定では十分ではない。スタッフとファンに対し、この決定は謝っていたと謝罪する」 この方針撤回について、シクサーズのジョエル・エンビードは自身のTwitterで「シクサーズが180度、方針を撤回したことを誇りに思う。今はコロナウィルスを倒すことに集中しよう」と発言した。また、彼は新型コロナウィルス対策に50万ドル(約5,500万円)を寄付するようだ。 シクサーズのエルトン・ブランドGMを含むシクサーズとデビルズの複数の上級スタッフは、20%の給与カットに同意している。

コメント(3件)

  • 003
    easy
    5か月前

    上に立つ人間が発信する言葉ではない。 撤回しても一度はそのような思考決断に至ったという既成事実を作ってしまった以上、オーナーとして信用信頼は落ちていく。ましてやそんな発言する人がオーナーであるフィラデルフィアでバスケットしたいと思う若者や選手が減っていくのは当然だろう。そこで働く人も同じだ。負のスパイラルになりかねない事を考えつかなかったのかこのおっさんは。

    1
  • 002
    mickey
    5か月前

    他の球団では選手が寄付したり、球団として給与を保証したりしてたからねー。そんな中でカットします!って宣言したら叩かれちゃうでしょう。難しいところ。

    1
  • 001
    かみの
    5か月前

    撤回したことは素晴らしいと思うが、批判もあるのがわかりながら20%カットを宣言するくらい、余裕はないという事。はやくNBAのシーズンが再開してほしい…もちろん選手スタッフ全ての人の安全がある程度確保されたうえで。がんばってください。

    1

関連タグ

チーム

  • 76ers

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. フィラデルフィア・76ersが職員の給与カットの方針を撤回