“ドラ1”ザイオン・ウィリアムソン、好敵手ジャ・モラントの新人王受賞を阻止できるか

ニューオリンズ・ペリカンズの大型新人ザイオン・ウィリアムソンは、現地1月22日のサンアントニオ・スパーズ戦で待望のデビューを果たし、NBAの舞台で大きな一歩を踏み出した。2戦目では持ち前の豪快なダンクも飛び出すなど、ホットトピックの一つになっているが、今後注目されるのは新人王の行方だろう。 2019年ドラフト1巡目1位指名のザイオンは開幕前に右膝半月板損傷で手術を受け、シーズン45試合目にしてようやく初出場を飾った。3試合連続でスタメン出場し、平均19.5分間のプレイで18.5得点、6.5リバウンド、1.5アシスト、シュート成功率75.0%を記録。迫力満点のダンクやブロックも飛び出すなど徐々に本領発揮をしているが、前半戦全休で出遅れた感は否めない。 ザイオン不在の間、新人王レースを牽引したのがドラフト1巡目2位指名のジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)だ。今季ここまで39試合に出場し、ルーキートップの平均7.1アシストに加えて17.4得点を挙げており、受賞の有力候補と目されている。 『Beale Street Bears』のイーサン・ベッカー記者は、「ザイオン・ウィリアムソンはジャ・モラントの新人王に挑戦できるか?」というテーマで記事を展開。ザイオンを稀有な存在と評価しつつ、前半戦の“ハンデ”が響いてくるとの見解を示した。 「(名センターの)シャキール・オニールのようにがっちりした体格で、現在のリーグで唯一無二。ガードのようにボールを扱い、シュートも打てる。ザイオンが健康であれば、その存在がリーグの未来だと言っても過言ではない。しかし、モラントのゲームが進化すれば新人王のタイトルを主張できる。モラントは50/40/90(シュート成功率50%、3ポイント成功率40%、フリースロー成功率90%)を狙える選手で、それはシーズンの半分を欠場したザイオンにとってはあまりにも先を行くものだ」 ベッカー記者は「オールスターブレイクが近づいていて、ザイオンが乗った波が収まり、過度の注目も落ち着く」との観点から、序盤戦でインパクトを残したマイアミ・ヒートのケンドリック・ナン(平均16.2得点、2.8リバウンド、3.5アシスト)を「抜くことさえ正直難しいかもしれない」と指摘している。 「ザイオンが負傷していなかったら、新人王レースでモラントを倒せたかという議論は、近年で象徴的な“たられば”の一つになるだろう」 ザイオンとモラントがこれらの喧騒を吹き飛ばすほどの活躍を見せ、NBAをいっそう盛り上げるシナリオに期待したいところだ。

コメント(8件)

  • 008
    のりのり23
    3か月前

    休んじゃったからな... 休まなかったら平均25点 10リバウンド 5アシストぐらい行ってたんじゃないかな

    0
  • 007
    河合玲奈
    3か月前

    うーん、無理って分かってても、惹かれちゃう藤原◯香みたいな私。(見た目以外)

    0
  • 006
    Mr.ギリギリマスター
    3か月前

    それは無理ジャ、ちょっと遅かったのジャ、最初からいたのジャったらわからなかったと思うが、今季はジャで決まりジャ、この議論は終わりジャ

    1
  • 005
    ねこパパ
    3か月前

    モラントに是非獲ってもらいたい。MEMを押し上げたのは紛れもなく彼だと思う。

    2
  • 004
    河合玲奈
    3か月前

    こういう時、劣勢の方応援したくなっちゃんうんだよねー! たいてい、希望通りにならないけど!

    1
  • 003
    まつ
    3か月前

    さすがに試合数が少なすぎて無理やろ… 平均30点15リバウンドとかおかしなスタッツでもない限りは

    3

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ
  • グリズリーズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン
  • ジャ モラント

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. “ドラ1”ザイオン・ウィリアムソン、好敵手ジャ・モラントの新人王受賞を阻止できるか