9kg減量のジョエル・エンビードが“優勝宣言”「すべてを勝ち獲るチャンス」

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)に所属するセンターのジョエル・エンビードは、新シーズンは「すべてを勝ち獲るチャンスがある」と自身初のリーグ優勝を目標に掲げた。 2014年にドラフト1巡目3位でシクサーズに指名されたエンビードは、ドラフト直前に右足の疲労骨折が発覚してルーキーシーズンを全休。翌シーズンにも右足の再手術を受け、NBA入り後2年間は1試合もプレーできなかった。 しかし、2016-17シーズンに待望のNBAデビューを果たすと、17-18シーズンは平均22.9得点、11.0リバウンドを記録してオールスターにも出場。在籍5年目の昨シーズンはリーグ4位の平均27.5得点、同2位の13.6リバウンドと目覚ましい活躍を見せ、チームをカンファレンス準決勝まで導いた。 エンビードはこれまで足や膝の度重なる怪我に苦しんできた。しかし、オフにはシューティングを1日最低5回行うとともに食生活も改め、体重を20ポンド(約9kg)落としたという。 2009年のNBAファイナルを見て、バスケットボールを本格的に始めたエンビード。そこから5年で世界最高峰のNBA入りを果たし、今やリーグ屈指のセンターに成長した。自身の人生を「映画のようだ」と表現し、完璧なエンディングはNBAチャンピオンになるだろうと語っている。 「僕がやらなければならないことに集中している。まだ長い道のりがあるんだ。僕はまだゴールに達していない。(今シーズンは)すべてを勝ち獲るチャンスがある」 カメルーン出身の怪物センターが、キャリア最高のストーリーを描くべく、虎視眈々と牙を研いでいる。

コメント(2件)

    関連タグ

    チーム

    • 76ers

    選手

    • Joel Embiid

    キーワード

    • ニュース全般

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. 9kg減量のジョエル・エンビードが“優勝宣言”「すべてを勝ち獲るチャンス」