サンズがモンティ・ウィリアムズHCを解雇 新オーナーがナゲッツ戦敗退後に決断か

日本時間5月14日(現地 13日)、フェニックス・サンズはモンティ・ウィリアムズHC(ヘッドコーチ)を解任した。ジェームズ・ジョーンズGM(ジェネラルマネージャー)はチームのSNSを通して、「我々はモンティのチームやコミュニティへのすべての貢献に、とても感謝している」とのメッセージを掲載している。 ウィリアムズHCは2019年の就任以降、2021年にチームをNBAファイナルに導き、昨季は球団記録となる64勝を挙げるなど結果を残してきた。しかしオーナーのマット・イシュビアは、サンズがデンバー・ナゲッツとのカンファレンス準決勝第6戦に敗れた直後に、ウィリアムズHCの解雇を決断したという。 またウィリアムズHCへのプレッシャーは、イシュビアのオーナーグループがリーグの理事会で承認された直後の2月、イシュビアがケビン・デュラントのトレードを画策した時から高まったとも報じられている。関係者によると、現時点ではウィリアムズHCの後任とされる有力候補は見つかっていないようだ。また、ウィリアムズHCはニック・ナース前HCが去ったトロント・ラプターズ行きが噂されている。

▶▶熱戦続きのプレイオフ。NBA Rakutenの視聴プランをチェック!

▶▶「NBA Rakuten」、コンバースと初のコラボレーションによるオリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」を5月16日(火)に発売

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (23)

    Related Tags

    Teams

    • サンズ

    Keywords

    • ニュース全般
    • 解雇
    • モンティ・ウィリアムズHC
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. サンズがモンティ・ウィリアムズHCを解雇 新オーナーがナゲッツ戦敗退後に決断か