通算56回目のトリプルダブル達成、ルカ・ドンチッチがレイカーズの守備に言及「ファウルをしてくると思ったが…」

ダラス・マーベリックスは日本時間1月13日(現地12日)、敵地で行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で2度にわたるオーバータイム(延長戦)の末に119-115で勝利し、連敗を2でストップした。エースのルカ・ドンチッチがリーグ得点王(平均34.3得点)らしく、勝負強いプレイで白星に導いたが、相手の守備には驚きがあったようだ。『ESPN』のティム・マクマホン記者が伝えた。 最大19点差をつけたマーベリックスだったが、第4クォーターでレイカーズに試合をひっくり返される。しかし、ドンチッチが残り6秒にステップバック3ポイントを沈めて同点とすると、1回目のオーバータイムの残り47.1秒にも3ポイントを成功させて、2回目のオーバータイムに持ち込んだ。 ドンチッチはこの日、52分44秒間プレイして両チームトップの35得点(フィールドゴール14/28、3ポイント4/9、フリースロー3/7)、14リバウンド、13アシストで通算56回目のトリプルダブルを達成した。 勝負所で大事な3ポイントを2本成功させたが、ドンチッチはレイカーズがダブルチームを仕掛けて来なかったことに関して、「正直、相手はファウルをしてくると思ったから少し驚いた。なぜファウルをしなかったのかは分からないけど、ファウルをしてくる前に勝負しようと思った」と語った。 同僚のティム・ハーダウェイJr.は「No.77(ドンチッチ)がコートにいる時は常にチャンスだ」と若きエースの頼もしさを称え、ジェイソン・キッドHC(ヘッドコーチ)も「ルカは凄かった」と脱帽していた。

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (14)

    Related Tags

    Teams

    • マーベリックス

    Players

    • Luka Doncic

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 通算56回目のトリプルダブル達成、ルカ・ドンチッチがレイカーズの守備に言及「ファウルをしてくると思ったが…」