ケビン・デュラントがジョエル・エンビードとの“睨み合い”の真相を明かす「競争心の炎が燃えたぎった」

ブルックリン・ネッツは、日本時間12月31日にホームで行われたフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)戦で102-110と敗れ、3連勝を逃した。最終盤にはケビン・デュラントとジョエル・エンビードが一触即発のムードとなったなか、デュラントが試合後にやりとりの内容を明かしている。『Sports Illustrated』のベン・スタイナー記者が伝えた。 シクサーズはエンビードが両チームトップの34得点と攻撃を牽引。第4クォーター残り15.3秒、オフェンシブ・リバウンドを拾うと、ラマーカス・オルドリッジからファウルを受けながらシュートを決め、110-102にリードを広げて勝負を決定づけた。 その後、フリースローレーンに立ったエンビードにデュラントが近づき、フェイスオフ。何やら言葉を交わし、レフェリーや両チームの選手たちが仲裁に入る事態に発展した。ダブルテクニカルファウルとなったシーンについて、デュラントはこのように振り返っている。 「俺たちはお互いにとてもリスペクトしているだけ。自然と競争心の炎が燃えたぎったのさ。彼は本当に何も言わなかった。俺もテンションが最高潮に達しただけさ」 映像では、デュラントと顔を突き合わせている際にエンビードの口も動いているが、デュラントは一線を越えるような言葉もなく、エンビードは「何も言っていない」と多くは語らなかった。 昨季もイースタン・カンファレンスの首位を争ったライバルチームだけに、デュラントも“負けられない”という闘争心がむき出しとなったのかもしれない。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

ジャ・モラントのポテンシャルを元NBA選手ケンドリック・パーキンスが称賛「次のヤニス・アデトクンボになる」

「リムプロテクターTOP10」をNBAが発表 ヤニス・アデトクンボとルディ・ゴベアが熾烈な1位争いを展開

ナゲッツHC、ニコラ・ヨキッチの正当評価を推奨「過去3年間、本当に信じられないレベル」

Comments (8)

    Related Tags

    Teams

    • 76ers
    • ネッツ

    Players

    • Kevin Durant
    • Joel Embiid

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. ケビン・デュラントがジョエル・エンビードとの“睨み合い”の真相を明かす「競争心の炎が燃えたぎった」