スティーブ・カーHCがドレイモンド・グリーンを「自分と似ている」と考える理由

ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)とドレイモンド・グリーンは、コート上でしばしば衝突を繰り返している。もちろんそれは勝利への強いこだわりがあるからこそだが、カーHCは自身とグリーンが似ているのもその理由のひとつと考えているようだ。ティム・カワカミ記者のポッドキャスト番組『The TK Show』で明かしている。 「私たちにはキレたり、気が狂ったりする能力があるんだよ。私たちの中にある闘争心は、とても似ていると思う。それが私たちの原動力で、小さい頃から自分やドレイモンドを駆り立ててきたものなんだ。彼と一緒に戦えることを毎日感謝しているよ」 ウォリアーズが2010年代後半に3度の優勝を成し遂げたのは、ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンの活躍はもちろん、2人を活かすことを可能にしたグリーンの多彩さとカーHCによる個性を活かすオフェンスシステムの導入があったからこそ。チームが再び優勝戦線に加わるには、時に衝突をも辞さないグリーンとカーHCの闘争力が不可欠だ。

サンズのデビン・ブッカーが健康・安全プロトコルによりトレーニングキャンプ序盤を欠席

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ダラス・マーベリックス

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:クリーブランド・キャバリアーズ

Comments (8)

    Related Tags

    Teams

    • ウォリアーズ

    Players

    • Draymond Green

    Keywords

    • ニュース全般
    • スティーブ・カーHC

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. スティーブ・カーHCがドレイモンド・グリーンを「自分と似ている」と考える理由