クリッパーズオーナー、右ひざの手術を受けたカワイ・レナードの来季復帰に言及「確実に可能だとは思う」

ロサンゼルス・クリッパーズのカワイ・レナードは、今年7月に部分断裂していた右ひざ前十字靭帯の修復手術を受け、復帰に関するタイムテーブルは設けられていない。しかし、オーナーのスティーブ・バルマー氏は、エースがチームのために戦っている姿を描いているようだ。 2019年夏に無制限FA(フリーエージェント)で加入したレナードは、ポール・ジョージとともに2枚看板を形成。19-20シーズンにキャリアハイの平均27.1得点を挙げると、昨季は平均24.8得点、6.5リバウンド、5.2アシスト、フィールドゴール成功率51.2%の成績でウェスタン・カンファレンス第4シード(47勝25敗)獲得に貢献した。 しかし、ユタ・ジャズと激突したプレイオフ・カンファレンス準決勝第4戦で右ひざを負傷。チームは球団創設51年目にして初のカンファレンス決勝まで駒を進めたが、レナードは最後までコートには戻れず、NBAファイナルにも手が届かなかった。 日本時間7月14日(現地13日)に部分断裂していた右ひざ前十字靭帯の修復手術を受け、完治まで最低3カ月はかかると見られている。新シーズンを迎えるにあたっては回復状況が気になるところだが、『USAトゥデイ』のマーク・メディーナ記者は、クリッパーズのオーナーであるバルマー氏のコメントを紹介している。 クリッパーズは2024-25シーズンからロサンゼルス・イングルウッドに完成予定の「イントゥイットドーム」をホームアリーナとして使用予定。その起工式で、バルマー氏は「チャンピオンシップに勝ちたい。我々はチャンピオンシップを争うことができると思う」と語るとともに、手術から2カ月が経ったレナードが新シーズンにプレイする可能性はあるかと問われ、このように答えたという。 「現段階では誰も分からない。確実に、可能だとは思う。ただ、それはドクターが何と言うか、カワイが何と言うかによるだろう」 一般的に部分断裂は、完治まで1年はかかると言われる完全断裂よりも早く回復するとされるが、レナードの復帰はいつになるだろうか。

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

“スーパーチーム風潮”の発端はレブロン・ジェームズとJJ・レディックが主張 「選手が主導権を持つ時代を始動させた」

【NBA Style最新作】これからの季節にぴったりのアイテムが続々登場!「AUTUMN COLLECTION」

コメント(16件)

    関連タグ

    チーム

    • クリッパーズ

    選手

    • Kawhi Leonard

    キーワード

    • ニュース全般

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. クリッパーズオーナー、右ひざの手術を受けたカワイ・レナードの来季復帰に言及「確実に可能だとは思う」