ヒートのバム・アデバヨ、渾身のダンクブロックを“過去イチ”と自画自賛「ナンバーワンプレイ」

マイアミ・ヒートは、9月15日(日本時間16日)に行われたボストン・セルティックスとのカンファレンス決勝第1戦で117-114と接戦を制してシリーズ先勝を飾った。勝負を決めたバム・アデバヨの渾身ブロックには多数の称賛が寄せられ、本人も自画自賛している。 シリーズ初戦からオーバータイムにもつれる激闘となったなか、ヒートが116-114とリードして迎えた残り3.7秒にハイライトシーンが生まれた。セルティックスのジェイソン・テイタムがマッチアップ相手のジミー・バトラーを抜いてワンハンドダンクを狙った瞬間、カバーに入ったアデバヨが左手で渾身のブロックショットに成功。同点に追いつかれても不思議ではないピンチをしのぎ、勝利を手繰り寄せた。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

エリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)が相手エースのテイタムを止めたアデバヨを称賛したコメントを、『ESPN』のニック・フリーデル記者が伝えている。 「(ジェイソン・テイタムのプレイは)ポスターダンクになる可能性があったなかで、バムが我々にとって最高の救世主になった。時に説明できないプレイがあるものだが、それが今夜のバムだった」 今季自身初のオールディフェンシブ2ndチームに選出されたアデバヨは、第1戦で18得点、6リバウンド、9アシスト、1スティール、2ブロックを記録。往年の名司令塔マジック・ジョンソンは“今まで見たプレイオフの試合で最高のディフェンス”とツイッターで評価したが、アデバヨ本人も「(これまでのキャリアで)ナンバーワンのプレイだ」と自画自賛した。 一方、ブロックされたテイタムは試合後、「僕はオープンだった。彼は素晴らしいプレイをした。それだけのことだ。僕はどうすることもできない」と悔しさをにじませている。 ヒートが2013-14シーズン以来のファイナル進出を果たす上で、アデバヨの活躍が不可欠なのは間違いない。セルティックスとの第2戦は9月17日(同18日)に行われる。

その他の最新ニュース

ウィザーズOBカロン・バトラー、八村塁のオールルーキー2ndチーム入りに見解「1stチームに選出されるべき」

ケビン・デュラント、“ネッツ第3のスター”にキャリス・ルバートを指名「俺たちにとって完璧な選手」

ウィザーズのダービス・ベルターンスが再開シーズン不参加の理由に言及「もし契約がもう1年あったら…」

コメント(19件)

    関連タグ

    チーム

    • ヒート

    選手

    • Jayson Tatum

    キーワード

    • ニュース全般
    • エリック・スポールストラHC
    • バム・アデバヨ
    • NBAプレイオフ2020

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ヒートのバム・アデバヨ、渾身のダンクブロックを“過去イチ”と自画自賛「ナンバーワンプレイ」