キングスのマービン・バグリー三世、右足の負傷でシーズン残りの試合を欠場へ

サクラメント・キングスのマービン・バグリー三世が、右足の負傷により今季残りの試合を欠場すると、7月21日(日本時間22日)チームが公式サイトを通じて発表した。 バグリー三世は7月19日(同20日)のチーム練習にて右足を負傷。MRI検査を受けた結果、専門医に捻挫と診断されたことを受け、チームがバグリー三世の今季欠場を決断した。『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者によれば、バグリー三世は今後2週間、医療用のブーツを履かなければいけないようだ。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

2018年ドラフト全体2位指名のバグリー三世は、ルーキーだった昨季62試合に出場し、1試合平均14.9得点、7.6リバウンドをマーク。しかし、2年目の今季は開幕から親指の骨折、左足の捻挫など故障が続き、わずか13試合の出場で平均14.2得点、7.5リバウンドという、悔しいシーズンを過ごしていた。 なお、キングスは、司令塔ディアロン・フォックスが故障で離脱しているほか、新型コロナウイルス陽性の検査結果が出たハリソン・バーンズがいまだ現地入りしていない。

コメント(3件)

  • 003
    AI伝説
    1か月前

    お大事にしてくださいね。

    0
  • 002
    ザックラヴィーン
    2か月前

    バグリー期待してんだけど、オデンとかローズのような怪我に泣かされるキャリア送りそう…

    3
  • 001
    Yotty1201
    2か月前

    どうして・・・どうして・・・

    0

関連タグ

チーム

  • キングス

選手

  • マービン バグリー三世

キーワード

  • 怪我

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. キングスのマービン・バグリー三世、右足の負傷でシーズン残りの試合を欠場へ