76ersが大型司令塔ベン・シモンズのPF起用をテスト 先発PGはシェイク・ミルトンか

フィラデルフィア・76ersは身長208cmのベン・シモンズを大型司令塔として起用してきたが、7月30日(日本時間31日)からのシーズン再開にあたり、パワーフォワード(PF)での起用を視野に入れているようだ。 シモンズは2月22日(同23日)のミルウォーキー・バックス戦で背中を痛めて離脱。その後、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断されるまで、2年目のシェイク・ミルトンが先発ポイントガード(PG)を務め、平均16.6得点、4.4アシスト、3ポイント成功率58.5%の好成績を収めた。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

背中の故障が癒えたシモンズはすでに復帰しているが、『NBC Sports Philadephia』のノア・レビック記者によれば、フロリダ州オーランドの練習ではミルトンが先発PG、シモンズはPFとしてのみ起用されているという。ブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)は、「ベンをよりオフ・ザ・ボールにするほうがいいのか、どのようにチームとしてボールを回すのか、新しい形に挑戦している。誰をスタートで起用するか、それはまだ検討中だ」と選手の組み合わせをテストしていることを明かしている。 シモンズとミルトンは今季223分しか一緒にプレイしておらず、ジョシュ・リチャードソン、トバイアス・ハリス、ジョエル・エンビードとのユニットとなればシーズン初となる。レニック記者は、シモンズがPFに回る場合はスクリーナー&ローラー役に使う形を多く取り入れ、ミルトンがピック&ロールを発動させることになる見込みだとした。 ゲームメイカーの役割が期待されるミルトンは、シモンズとの同時起用について「ベンはアンセルフィッシュな選手。パスができて、フィニッシュもできる。一緒にピック&ロールもできる。まったく問題ないよ」とポジティブに捉えている。 76ersはシモンズとエンビードの二枚看板を中心に、過去2年連続でプレイオフ・カンファレンス準決勝に進出し、今季もカンファレンス6位(39勝26敗)につけている。 シモンズのPFコンバートがカンファレンス準決勝の壁を打ち破る秘策となるか、76ersの戦いに注目が集まる。

コメント(8件)

  • 008
    Dai
    3週間前

    本来のポジションになっただけじゃん ボールハンドリングはするだろうし…

    0
  • 007
    [設定されていません]
    3週間前

    このコメントは削除されました

  • 006
    おしゃれパス25
    3週間前

    スタートはそれでもいいと思うし、ミルトンがベンチ下がったらシモンズがPGやればいいと思うし、もっと慣れてきたら二人とも出てる時にミルトンがボール運んだりシモンズが運んだり攻撃の起点をコロコロ変えられると面白そう🎵

    2
  • 005
    easy
    3週間前

    シモンズはポジションレスでどこでもできるだろうけど、本人としてもチームとしても活きるのはPGじゃないか?DF側は外の選択肢が消えるというメリットがあるけど。

    0
  • 004
    93
    3週間前

    固定せずにポジションレスに流動的でやった方がシモンズの良さは出る。エンビートの良さは消えるかもな

    2
  • 003
    オズウェルEスペンサー
    3週間前

    ミルトン、リチャードソン、ハリス、シモンズ、エンビードのラインナップは良いと思うけど、役割は変わらない方がいい気がする。

    2

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid
  • Shake Milton
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 76ersが大型司令塔ベン・シモンズのPF起用をテスト 先発PGはシェイク・ミルトンか