NBA選手会が22チームによる2019-20シーズン再開案を承認、日本時間8月1日に再開へ

6月5日(日本時間6日)、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、NBAが提案した22チームによるシーズン再開案についてNBA選手会が承認したと報じた。前日の4日(同5日)には、同案がオーナー会議で承認されたことをNBAが公式サイトで発表している。 同記者のレポートによると、フロリダ州オーランドにある「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」での再開に向けてNBAと選手会は来週打ち合わせを行なう予定で、双方ともに7月31日(同8月1日)の再開を目指すという。 なお、プレイオフ・カンファレンス準決勝以降は1家族あたり3人まで同伴が可能との情報もある。 『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者によると、選手はシーズン期間中、毎晩PCR検査を受ける予定で、陽性者は最低7日間隔離されるという。 シーズン再開後に行われる最初の8試合は、東西のカンファレンス上位8チーム、計16チームに、各カンファレンスの8位チームを6ゲーム差以内で追いかける6チームを加えた計22チームによって行われる。 中断前からプレイオフ進出が決定していたバックス、レイカーズ、セルティックス、ラプターズに加えて、新たな再開案によってヒート、ペイサーズ、76ers、クリッパーズ、ナゲッツ、ジャズ、サンダー、ロケッツのプレイオフ出場が確定。ウェスト8位のグリズリーズに7ゲーム差をつけるマーベリックスも、事実上プレイオフ進出を決めている。 イーストではネッツ、マジック、ウィザーズの3チームがプレイオフ出場残りの2枠を、ウェストではグリズリーズ、ブレイザーズ、ペリカンズ、キングス、スパーズ、サンズの6チームが残り1枠を懸けて争う。 各カンファレンスの8位と9位の差が4ゲーム以内でシーズンが終了した場合、プレイオフ出場を懸けた直接対決を2試合実施。9位チームが出場権を獲得するには2試合ともに勝利するのが条件となり、1度でも敗れた場合は8位チームがプレイオフに出場する。 今後のスケジュール案は以下の通り。 ■7月9~11日(同10~12日):オーランドにてトレーニングキャンプ ■7月31日(同8月1日):シーズン再開 ■8月25日(同26日):NBAドラフトロッタリー ■10月12日(同13日):2019-20シーズン終了(NBAファイナルが第7戦まで行なわれた場合) ■10月15日(同16日):NBAドラフト ■10月18日(同19日):FAマーケット解禁 ■11月10日(同11日):トレーニングキャンプ開始 ■12月1日(同2日):2020-21シーズン開幕

コメント(11件)

  • 011
    コービー
    1か月前

    嬉し過ぎる😭でも選手の体調が何よりも心配😭

    0
  • 010
    リサリサ
    1か月前

    ホームコートアドバンテージがないということは、必然的にレイカーズは全てホームコートアドバンテージに近い戦いが出来るかも

    1
  • 009
    Haruki
    1か月前

    ケガするなよ!

    1
  • 008
    Hisa
    1か月前

    最高だよー

    0
  • 007
    dizaster
    1か月前

    バックス良かったなー💃

    0
  • 006
    Ryo
    1か月前

    帰ってきたぞー!!

    1

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. NBA選手会が22チームによる2019-20シーズン再開案を承認、日本時間8月1日に再開へ