下位ホークスのピアースHC、22チーム参加型の再開プランに難色「成長に害を与える」

NBAは新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズンの再開に向けて動いている。選手の安全を担保し、感染のリスクを軽減すべく、フロリダ州オーランドに全チームを集め、練習から試合まですべてこなす計画を検討。形式に関しては、22チームによるプレイオフのシード決定戦と最終スポットをかけたトーナメントが最有力と報じられ、6月4日(日本時間5日)のオーナー会議での決定を目指すなか、リーグ27位に沈むアトランタ・ホークスのロイド・ピアースHC(ヘッドコーチ)は“全30チーム参加”を主張した。 ルディ・ゴベア(ユタ・ジャズ)の新型コロナウイルス感染を受け、NBAは3月12日(同13日)からシーズンを中断。すでに公式戦が行われず2カ月以上が経過したなか、全米各地で外出規制などが緩和されており、各チームに練習施設の開放が許可され、選手たちも個人練習をスタートしている。 現時点で全30チームでの再開プランは可能性が低いとされ、22チームが参戦するプレイオフのシード決定戦と最終スポットをかけたトーナメント形式の採用が濃厚。東西各カンファレンス上位8チームずつの計16チームのほか、ウエストは8位メンフィス・グリズリーズから6ゲーム差以内のポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、サンアントニオ・スパーズ、サクラメント・キングス、フェニックス・サンズの5チーム、イーストは8位オーランド・マジックから6ゲーム差以内のワシントン・ウィザーズがプレイオフ出場を懸けてトーナメントを行なうと見られている。 そのなかで、22チーム参加型プランの場合は出場対象外となるホークスのピアースHCは、『ESPN』の番組『The Jump』でチームの発展のためにもシーズン再開時のプレイを望んでいると主張した。 「私はNBAで最も若いチームを指揮している。我々が一番恩恵を受けられるのは、バスケットボールをすることだ。現時点でこの試合が我々から奪い去られた」 ホークスは2年目でオールスター出場を果たしたトレイ・ヤング(21歳)をはじめ、ジョン・コリンズ(22歳)、ディアンドレ・ハンター(22歳)、ケビン・ハーター(21歳)、キャム・レディッシュ(20歳)など、ローテーションの大半は20代前半の若手で構成されている。ピアースHCは「多くのシナリオがあることは理解している」と話す一方で、自分たちの残り試合が“消滅”することには難色を示した。 「シーズンが再開された時に我々が参加できない場合、成長に害を与える。来シーズンに向けて必要な勢いを持続する能力が損なわれる。我々には若い選手がいて、試合の経験が必要だ。我々はバスケットボールをしたい。スタッフたちもそれを望んでいる」 ピアースHCの訴えは、NBAのアダム・シルバー・コミッショナーら関係者に届くだろうか。

コメント(1件)

  • 001
    mickey
    1か月前

    アトランタの試合がないとビンスのラストダンスが見れないんです‼️何とかしてくれ〜‼️

    0

関連タグ

チーム

  • ホークス

キーワード

  • ニュース全般
  • ロイド・ピアースHC
  • 新型コロナウイルス

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 下位ホークスのピアースHC、22チーム参加型の再開プランに難色「成長に害を与える」