キャブズのアンドレ・ドラモンド、プレイヤーオプション行使が濃厚

クリーブランド・キャバリアーズのアンドレ・ドラモンドが、来シーズンの2,875万ドル(約31億円)のプレイヤーオプションを行使することが濃厚と、『NBC Sports』が4月17日(日本時間18日)に報じた。 2月のデッドライン前にトレードされるまでデトロイト・ピストンズに在籍していたドラモンドは、今シーズンが始まる前まで、プレイヤーオプションを放棄してFA市場に打って出ていく意思を公言していた。しかし、今シーズンを通してパフォーマンスに一貫性がなかったドラモンドへの他チームからの関心は低く、それが彼の市場価値の低下を示しているのは歴然だった。 ドラモンドのプレイヤーオプション行使を予想する専門家は多かったが、『Cleveland.com』のクリス・フェドー記者が「複数の情報筋によると、オプション行使の可能性は高いまま」と報じたことを受け、その線がより濃厚となったようだ。 『NBC Sports』によると、ドラモンドがリーグ屈指のリバウンダーであり、インサイドプレイにおける得点力に長けているのは事実だが、現代のNBAにフィットしているとは到底いえないという。彼はポストアップを好み、アウトサイドからのシュートを打たないことに加え、ディフェンスも中途半端だからだ。同メディアはまた、ドラモンドのようなプレイスタイルの選手と2,875万ドル(約31億円)で契約しようとするチームはなかなか現れないと予想している。

■初月無料でNBAを観る

コメント(1件)

  • 002
    PG13
    1か月前

    キャブズファン個人の意見としては、ドラモンドはPO破棄してどっかいって欲しい。 オフェンスが単調だし、スペースが狭くなる。その割にボールを欲しがる。正直トンプソンの方がいいよね。

    1
  • 001
    ややや
    1か月前

    ディフェンスもどらないしなー

    0

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • Andre Drummond

キーワード

  • 移籍・トレード

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. キャブズのアンドレ・ドラモンド、プレイヤーオプション行使が濃厚