ジェイソン・テイタム、昨季MVPはハーデンと主張「みんなが些細なことにこだわった」

ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムはNBA3年目の今シーズン、キャリアハイの平均23.6得点、7.1リバウンド、2.9アシストを記録してオールスター初出場も果たした。レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)からも「若きキング」と一目置かれる22歳は、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が受賞した昨シーズンのMVPレースについて持論を展開している。 2018-19シーズンのMVPは平均27.7得点、12.5リバウンド、5.9アシストを挙げるとともに、チームをリーグ首位(60勝22敗)に導いたアデトクンボがプロ6年目で初受賞。リーグトップの平均36.1得点、自己ベストの同2.0スティールを叩き出したジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)が165ポイント差の2位だった。 テイタムは4月上旬に行ったインスタライブで“現役ベスト5”を決める際、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ハーデン、レブロン、アンソニー・デイビス(レイカーズ)、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)を選出。「ジェームズ・ハーデンは昨季、MVPを勝ち獲るべきだった。彼は間違いなく2年連続MVPに値した」と触れていたが、『ESPN』でレポーターを務めるレイチェル・ニコルズ氏との電話インタビューでその理由を説明している。 「2人(アデトクンボとハーデン)からMVPを選んだ昨シーズンは、投票するみんなが些細なことにこだわった。ジェームズ・ハーデンは42試合連続で30得点以上を記録した(実際は32試合連続)。コンビを組んでいたクリス・ポールは怪我がちで、チームとしても負傷者が多かった。ロケッツのシード順位(3位タイ)は正確には覚えていないけど、彼がやってのけたことは非常に素晴らしかったと思う」 評価する人間の判断基準によって“勝者”が分かれる接戦だったことは間違いないが、テイタムの中ではより厳しい状況下で得点を挙げ、チームを牽引していたハーデンのほうが上だという結論に至ったようだ。

コメント(5件)

  • 005
    令和ーず
    2か月前

    中原さん言ってたけど、あのスタッツは出せないもんね… 昨季がピークかな?と思ったら、今季は当たり屋FTでたくさん貰ってるからね

    0
  • 004
    髭ンバ・ジェームズ
    2か月前

    それは納得。一時期のロケッツは西の下から二番目の順位にいたことやクリポやカペラが怪我をしていたのにも関わらずハーデンの圧倒的なパフォーマンスにより西の4位までかけ上がった。そして平均得点36点。なのにMVPになれなかったのは人の好き嫌いが出てたからだと思う。例を挙げるとコービーは一回しかMVPを取ってない。理由は当時記者に嫌われていたから。あの偉大な選手が一回はおかしい。不平等な部分があるからMVPを取れないのだと思う。

    6
  • 003
    あか
    2か月前

    去年は本当に僅差だった

    1
  • 002
    Follow Bulls
    2か月前

    後世のファンが数字みたら不思議に思うだろうね😃

    3
  • 001
    ざす
    2か月前

    俺は今季レブロン、ヤニスのどちらかがMVPだと思うわ

    3

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ロケッツ
  • バックス

選手

  • Jayson Tatum
  • James Harden
  • Giannis Antetokounmpo

キーワード

  • ニュース全般
  • MVP

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ジェイソン・テイタム、昨季MVPはハーデンと主張「みんなが些細なことにこだわった」