原宿に1日限定でオープン! UNITE−NBA ALL-STAR 2020 by「ジョーダン ブランド」をリポート

2月15日(現地14日)、NBA オールスター 2020のトップを飾るイベント「ライジング・スターズ・チャレンジ」に、ワシントン・ウィザーズの八村塁が日本人として史上初めて出場したのは記憶に新しいところ。そんな八村をスポンサードする「ジョーダン ブランド」は、試合が行なわれたその日、ポップアップストア“UNITE−NBA ALL-STAR 2020”を1日限定で原宿・B-SIDEにオープンした。

イベントの目玉であるパブリックビューイングは、土曜の午前スタートにも関わらず、NBAの超絶プレイ、さらに我らが八村を一目見ようと多くの観客で賑わいを見せた。限定のアパレルカスタマイゼーションでは、“CHICAGO”や“ALL STAR”、“UNITE”など、20種類の文字が書かれたステッカーが並び、Tシャツやフーディに自由にカスタムを楽しむセッションが行われた。

さらに、NBAグッズやエア・ジョーダン1から最新作までが一堂にディスプレイされるなど、NBAファンの目を釘付けにしていた。そして、会場を見渡すと一瞬ドレスコード? と思うほど“エア・ジョーダン”率の高いこと!ここで履かないでいつ履くの? そう言わんばかりに、スニーカーヘッズたちの気合いを伺うことができた。

ゲームはティップオフするやいなや、八村が早々に速攻からダンクを叩き、会場は大熱狂。途中、八村とザイオンがマッチアップするシーンでは、一同が熱い眼差しを送った。前半をリードしたチームワールドだったが、後半はチームUSAが逆転し、さらに第4Qにはダンクコンテストさながらのダンクショーに会場は一体となった。ゲームは、注目度ナンバー1を誇るザイオン率いるチームUSAがチームワールドに大差をつけて、2年連続勝利を収めている。

 

今回、1日限りのスペシャルイベントを盛り上げたのは、バスケットボールイベントでもお馴染みのMC MAMUSHI。そのほか、元WJBLの大神雄子、WJBLの吉田亜沙美選手による丁寧なゲーム解説でNBA初心者も存分に楽しんだ様子。会場は、ドリンク片手にゲーム観戦をするカップルや親子の姿も見られ、終始アットホームな空気に包まれた。今年、ルーキーでありながら初登場のNBAオールスターで確実に爪痕を残した八村。来年以降は、本戦でもその力を大いに発揮して欲しい。

  

KATE T. OHIRA NBA/元VOGUE GIRLエディター/ライター/PT/アスレティックトレーナー KIDSの頃にサクラメント・キングスのJ-WILLに衝撃を受けて以来、NBAの虜になり20歳までバスケットボール選手として過ごす。その後、PTやトレーナーとして活動する傍ら、出版社にてファッションやウェルネスコンテンツの制作、監修を行う。現在はフリーランスの編集者としてNBAの取材に携わり、スポーツを通してポジティブに生きることの素晴らしさを伝える。

Instagram

VOGUE GIRL WELLNESS連載更新中

コメント(5件)

  • 005
    京都のじじぃ
    5か月前

    ええやん!

    1
  • 004
    SK
    5か月前

    昔NBAストアあったよね、いつのまにかなくなってたけど

    0
  • 003
    easy
    5か月前

    三木谷さん!早くアダム銀さんと話し合って日本にNBAストアオープンさせてよ!!

    5
  • 002
    えるびす!
    5か月前

    日本にも早くNBAストア作ってくれない?

    9
  • 001
    みやび宮本武蔵
    5か月前

    むっちゃ行ってみたい!

    3

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 原宿に1日限定でオープン! UNITE−NBA ALL-STAR 2020 by「ジョーダン ブランド」をリポート