マーベリックスのセス・カリーが3ポイント成功率で”兄ステフ超え”に成功

ダラス・マーベリックスのセス・カリーは、2月8日(日本時間9日)のシャーロット・ホーネッツ戦で8本中6本の3ポイントシュートを決めて、キャリア通算3ポイント成功率を43.57%とし、兄ステフィンの記録(43.51%)を抜いた。これにより、キャリア通算3ポイントシュート成功率における現役選手内のランキングで、兄を抜いてトップに立った。 長期離脱中のステフィンは3月まで復帰できない見込みのため、それまでセスが成功率を維持できれば1位の座をキープできるはず。セスの”ステフ超え”について、『Clutchpoints.com』のマーティ・フィン記者は以下のようにリポートしている。 セスのここまでのキャリアは順風満帆とは言えなかった。名門デューク大にトランスファーして全米の注目を集めたものの、2013年のNBAドラフトでは指名を受けられず、Dリーグ(現Gリーグ)のサンタクルズ・ウォリアーズやエリー・ベイホークスを転々としながらNBA入りを目指した。既にNBAで活躍していた兄ステフィンと比較されることも多かったため、セスはなかなか正当な評価を受けられなかったが、サクラメント・キングス(2015-16シーズン)でNBA入りしたあとに移籍したマーベリックス(2016年から2018年)で先発ポイントガードに抜擢され、2018-19シーズンにポートランド・トレイルブレイザーズで1シーズン活躍したあとに、マーベリックスと4年3200万ドル(約35億円)の契約を結ぶことに成功した。 今シーズン、1試合平均11.3得点、3ポイント成功率42.7%を記録しているセスは、ルカ・ドンチッチ、ティム・ハーダウェイJr.、ジェイレン・ブランソンといった人材豊富なマーベリックスのバックコート陣の中でも、得点源の1人として重要な役割を担っている。

■初月無料でNBAを観る

コメント(29件)

  • 029
    Juanda
    7か月前

    Nooooooooooooooo

    0
  • 028
    RIK
    7か月前

    こういうニュース出るとすぐ揚げ足とって否定しようとするやついるけどそういう事を言ってるわけじゃないんだけどね。 単純に一部分を切り取った場合の記事だから。 どっちも優れたシューターである事には変わりないって事が一番の事実。 村八ってやつ毎回不快だな。

    1
  • 027
    ぺっぺ
    7か月前

    セスが年間400本の3ptを決めなければ比較できないと思いますけどね。ぼくはセスの方が好きです。

    1
  • 026
    Timothée
    7か月前

    文句言ってる人は何が言いたいの? 3p%でセスがステフを抜かしたっていう報道の何がいけないの? 数字がどうなろうとステフの方が優れたシューターっていう世間の評価は変わらんから安心して。 ただ3p%の現役トップがセスになったって事実を報じてるだけだから。

    2
  • 025
    ぱにっしゅめんず
    7か月前

    シュートしてる数が違うだろ。 くだらねー

    1
  • 024
    [設定されていません]
    7か月前

    このコメントは削除されました

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Stephen Curry
  • Seth Curry

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. マーベリックスのセス・カリーが3ポイント成功率で”兄ステフ超え”に成功