ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが待望のレギュラーシーズン・デビュー

開幕前に右膝半月板の手術をした影響で出遅れていたニューオーリンズ・ペリカンズのルーキー、ザイオン・ウィリアムソンが、現地1月22日にホームのスムージーキング・センターで行われたサンアントニオ・スパーズ戦で、待望のレギュラーシーズン・デビューを飾った。 先発出場したウィリアムソンは、試合の出だしこそ”慣らし運転”のようなプレイぶりだったが、第2クォーター残り10分36秒の場面でオフェンス・リバウンドを拾って初得点を決めると、会場は大歓声に包まれた。さらに、第4クォーターにウィリアムソンが3分29秒の間に17連続得点を記録する猛攻を見せると、満員の観衆からはMVPコールも贈られた。ESPN Stats & Infoによると、17得点というのは、キャリア初戦の選手が1つのクォーターに記録した得点としては、直近20シーズン中で最多タイの記録とのことだ。 試合は、第1クォーターに7点リードを奪ったスパーズが粘るペリカンズを退けて121-117で勝利したが、ウィリアムソンは18分18秒の出場で22得点、7リバウンド、3アシスト、フィールドゴール11本中8本成功、3ポイントシュート4本全て成功、フリースロー4本中2本成功という活躍を見せた。 このウィリアムソンの活躍について、ペリカンズのアルビン・ジェントリー・ヘッドコーチは「あなたたちが今晩の試合で見た光景こそが、我々が知っている彼本来の姿だ。我々は、彼と一緒に多くのことを成し遂げるだろう。彼にはたくさんのポテンシャルがある。その片鱗を見せてくれて嬉しく思っている。彼は非常に高い目標に到達できるはずだ」と、高く評価した。 今シーズンの新人王争いはメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントが優勢という見方が強いが、ウィリアムソンがこのまま本領を発揮し続ければ、シーズン終了時点には評価が逆転する可能性もある。 試合後の会見で、ウィリアムソンは記者団の質問に対して以下のように語っている。 ――チームドクターによってプレイタイムを制限されましたが、短い出番に対応するのは難しかったですか? ウィリアムソン:まだプレイしたいという気持ちを抑えるのが大変だった。俺はまだ19歳だから、「今後どれだけ健康にプレイできるか」なんてことは気にせず、今プレイしている試合に勝つことだけを考えている。だから、プレイ時間を制限されるのは本当に辛かった。 ――大学生時代には1試合に4本も3ポイントシュートを決めたことはありませんでしたが、今日はゾーンに入っていたのですか? ウィリアムソン:そうかもしれない。怪我の影響でしばらくは激しい運動ができなかったから、その代わりにシュートの練習に励んでいたので、その成果かもしれない。 ――こんなに良い形でNBAデビューを飾れると思っていましたか? ウィリアムソン:試合に負けたことを除いては、夢に描いていた通りだ。観客も素晴らしかった。ようやくレギュラーシーズン・デビューを飾れたことを嬉しく思っている。

■初月無料でNBAを観る

コメント(49件)

  • 049
    Nowizki
    5か月前

    スリーは出来過ぎだけど、1本目のスリーが決まった時、会場とザイオンのスイッチが入ったね あの瞬発力は積んでるエンジンが違いすぎる。 あれに怪我した時練習したシュートが加わると誰も止められないよ パスセンスもありそうだし

    2
  • 048
    ソタ
    5か月前

    オルドリッジに手渡しパスしてたらへんはデビュー戦どうなるやらと思ったら第4Q興奮しっぱなし。ジャも八村も今年のルーキー好きだわ〜

    6
  • 047
    ケニオンマーティソティソ
    5か月前

    怪我する怪我するうるさいな 怪我なんて体重軽い選手だってするときはするんだからいちいち言わなくていいわ笑

    9
  • 046
    tomanto
    5か月前

    紛れもなく本物 ケガだけ気を付けてくれ

    1
  • 045
    マルフォイ
    5か月前

    そこまでボール保持するタイプじゃないから良かった。イングラムがしょげちゃうからね。上手く共存して西を荒らしてくれ

    7
  • 044
    ペ二スロッドマン
    5か月前

    4本連続スリー凄かったけどそれ以上にやばかったのがブロックされた後のボールに対しての反応の速さね 猫科の動物みたいな動きしてたわ

    12

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが待望のレギュラーシーズン・デビュー