ネッツのショーン・マークスGM、2020-21シーズンの贅沢税を払う意向か

現在、ブルックリン・ネッツはイースタン・カンファレンスで8位につけている。そこにエースのカイリー・アービングが復帰を果たし、さらなるステップアップが期待されている。また、来シーズンにはケビン・デュラントも復帰予定と、さらに楽しみな状況だ。 しかし、現時点で契約下にある選手だけでも来シーズンの総年俸は1億4,000万ドル(約152億円)を超えている。ただ、ショーン・マークスGMは、サラリーキャップ超過のチームに支払い義務のある贅沢税を支払ってでも、戦力強化を推し進める意向を示している。 『ESPN』の取材にマークスGMは、「これから贅沢税を支払うチームになるだろう。それができる機会は限られているが、今がその時だと思う。この躍進を続けていくためにギアを上げていく」と語っている。 現在、ネッツはデュラント、アービングと2022-23シーズンにプレイヤーオプションとなる契約を結んでおり、彼らが契約下にある間に優勝を狙える戦力を整えたいところ。贅沢税を支払う考えをGMが明らかにしたことで、今シーズン終了後にFAとなる主力シューター、ジョー・ハリスと再契約を結ぶ可能性が出てきた。 ここまでハリスは39試合出場で平均14.2得点、4.2リバウンド、3ポイントシュート成功率40.9%を記録。彼が残留すれば大きなプラス材料となるのはもちろん、仮に移籍しても他のビッグネーム獲得に資金をまわせる。マークスGMがオフにどのような決断を下すのか、今季後半戦の戦いも判断材料のひとつになるだろう。

コメント(4件)

  • 004
    Mr.ギリギリマスター
    8か月前

    私財を投げ売ってでも優勝じゃー🏆

    0
  • 003
    mickey
    8か月前

    カイリー&KDを擁しているので、ある程度の金を注ぎ込んで優勝を狙いに行くのは当然でしょう。

    1
  • 002
    はれ
    8か月前

    ハリスは最近あまり活躍してないんだよな。

    1
  • 001
    Kankro☘️
    8か月前

    贅沢税って間違ってはいないけど、なんか違和感。 ラグジュアリータックスのカタカナ表記の方がスッと内容が入ってこれる気がする。 あくまで感覚ですが...

    10

関連タグ

チーム

  • ネッツ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ネッツのショーン・マークスGM、2020-21シーズンの贅沢税を払う意向か