レイカーズのジャレッド・ダドリー「カイル・クーズマは恐るべきポテンシャルも持った選手だ」

現地1月11日に行われたオクラホマシティ・サンダー戦で、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスという2大エースを欠くロサンゼルス・レイカーズを救ったのは、24歳のカイル・クーズマだった。 この試合の翌日、レイカーズのジャレッド・ダドリーは、シーズンハイの36得点を記録したクーズマについて「昨晩のクーズマは大活躍だった。彼は恐るべきポテンシャルを持った選手。クーズマは、このチームの鍵になる」と、ツイッターで大絶賛した。 デイビスが欠場した2試合で見せたクーズマの活躍について、『Clutchpoints.com』のマーティ・フィン記者は以下のようにリポートしている。 プロ入り3年目のクーズマは、デイビスの欠場によって先発に昇格した直近の2試合で、チームの勝利に大きく貢献した。シーズンハイの36得点を記録したサンダー戦の前日に行われたダラス・マーベリックス戦でもクーズマは26得点を記録している。 今オフにデイビスとダニー・グリーンが加入したことによってチーム内での役割が減ったクーズマは、今シーズンに入って大きく成績を落としており、最近ではトレードの噂も囁かれ始めていた。特に、同じポジションのデイビスの大活躍によってチームが32勝7敗でウェスタン・カンファレンスの首位に立っているだけに、クーズマの存在感は薄くなる一方だ。 実際、クーズマの成績は目に見えて落ちている。昨シーズン、クーズマは70試合に出場して(うち68試合に先発)、1試合平均33.1分間のプレイで平均18.7得点、5.5リバウンドを記録したが、今シーズンは30試合に出場して(うち3試合に先発)、1試合平均24.3分間のプレイで平均13.2得点、3.8リバウンドという成績になっている。 クーズマとしては、デイビスが欠場している間に可能な限りフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)にアピールし、出場時間を再び確保したいところだろう。

コメント(27件)

  • 027
    King
    8か月前

    1分当たりの得点は 昨シーズン:0.57 今シーズン:0.54 とそこまで落ちているとは言えなくて 起用法が変わった(リザーブ起用)中で維持していると 言うことも出来る あくまでも成長段階だから どこで出しても120%を期待というのは ハードルが高すぎる

    1
  • 026
    ごじら
    8か月前

    LALじゃ育てきれないというのが本音 ラッセル、ロンゾ、イングラムとかね、、、 みんなもう居ないし😭

    0
  • 025
    8LAL24
    8か月前

    よーし!そーだそーだ、みんなでどんどんクズマを褒めまくって行こう!!トレード阻止だ!!!

    0
  • 024
    kobe0606
    8か月前

    クズマがんばれ!

    0
  • 023
    Kotatu
    8か月前

    言い方悪いかもしれないけど、クズマに期待しすぎ。高校時代からキングと呼ばれてたレブロンとNBA入る前にアメリカ代表でオリンピックに出たADと同じように考えるべきじゃないと思う。 今のクズマはプレーオフでエアを連発した男と被って見えるから、今後に期待して育てて欲しい。

    3
  • 022
    らくだ
    8か月前

    コービー推しだった俺はクズがなんだかんだ好き たまにコービーと姿がかぶるんだよな

    4

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Kyle Kuzma

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. レイカーズのジャレッド・ダドリー「カイル・クーズマは恐るべきポテンシャルも持った選手だ」