ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンがNBA入りの舞台裏告白「大学に戻りたかった」

ニューオーリンズ・ペリカンズの新人ザイオン・ウィリアムソンは、2019年のドラフト1巡目1位指名で鳴り物入りでNBA選手となった。しかし、当初はプレイしていたデューク大で2年目のシーズンを迎えることを希望していた、と明かしている。 高校時代に強烈なダンクを連発して注目を浴び、デューク大で1年目から平均22.6得点、8.9リバウンドとインパクトを残したザイオン。前評判通り、2019年のドラフトでペリカンズから1巡目1位指名を受けた。 現在、右膝半月板損傷の怪我から復帰を目指しているザイオンは当初、デューク大に残るつもりだったという。ペリカンズで同僚のJJ・レディックが持つ『The Ringer』のポッドキャスト番組にゲスト出演し、NBA入りを巡る舞台裏を明かしている。 「(大学2年目のシーズンに)戻りたかった。誰も信じないけどね。彼ら(コーチ陣)は僕が(冗談で)そう言っているだけだと思っていたみたいだけど、そうじゃない。本当に戻りたかった」 ザイオンはデューク大の環境が気に入っていたというが、カレッジ界の名将として知られるマイク・シャシェフスキーHC(ヘッドコーチ)に説得されたという。 「僕はNBAがどこにも行かないと感じたんだ。お金のためにプレイしない。純粋にゲーム(バスケットボール)が好きだからプレイするんだ。デューク大での経験に愛着があったから、残りたかった。ただ、コーチK(シャシェフスキーHC)は僕を戻って来させるつもりはなかった。彼は僕に、家族のために最善を尽くしてほしいと思っていたからね」 ザイオンは家族との話し合いで「僕は(大学)に戻るよ」で伝えたところ、母と継父から「あなたはこの瞬間にたどり着くために、一生懸命すぎるほど練習してきた。それを手放してしまえばきっと後悔する」と説得されたという。デューク大の同僚には、「『お前が戻ってきたら最高だよ』と言ってくれていた。でも、同時に『お前が去っていくのと止められない』とも言っていた」というエピソードも明かしている。 ドラフト1位指名を受けたザイオンは4年総額4420万ドル(約48億4000万円)の契約を結び、ルーキー契約により最初の2年間で2000万ドル(約22億円)が保証されている。開幕前に右膝半月板損傷で手術を受け、NBA1年目のシーズンはここまでまだ1試合も出場していないが、現地1月7日から選手たちとの5対5の練習を再開。アルビン・ジェントリーHCも「間違いなく(プレイの)分数制限がある」と前置きしつつ、復帰が近づいていることを示唆している。 様々な思いを胸にNBA入りしたザイオンがデビュー戦でどのようなプレイを見せるのか、実に興味深い。

コメント(9件)

  • 009
    Mr.ギリギリマスター
    6か月前

    大学は可愛い子いっぱいだからな

    0
  • 008
    Ben
    6か月前

    この文面だけでザイオンのメンタルが弱いって判断してる奴いて草

    4
  • 007
    髭ストブルック
    7か月前

    とは言えメンタル弱くないか…?

    0
  • 006
    髭ストブルック
    7か月前

    モラントが活躍しちゃってるからねw

    0
  • 005
    U-1
    7か月前

    何言ってんだこいつ そのメンタルのままじゃいつまで経ってもベストにはなれんと思うぞ

    0
  • 004
    LAたかスぃ
    7か月前

    ドラフト時に涙ながらに親への感謝の気持ち伝えたりとかゴツイ見た目とは違って性格いいから応援したくなるよね!

    2

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンがNBA入りの舞台裏告白「大学に戻りたかった」