前NBAコミッショナーのデイビッド・スターン氏が死去

前NBAコミッショナーのデイビッド・スターン氏が、脳出血のため1月1日午後(日本時間2日未明)に死去したとNBAが発表した。 約3週間前の12月12日、ニューヨークのレストランで倒れて緊急手術を受けたスターン氏。術後も容体が回復せず危篤状態が続いていたが、77歳で帰らぬ人となった。 この訃報を受けて現NBAコミッショナーのアダム・シルバーが公式声明を発表。「スポーツ界における最も偉大なコミッショナーだったというだけではなく、彼の世代における最も影響力のあるビジネスリーダーであった」と1984年から2014年まで30年にわたりNBAを引っ張ってきた故人の功績を称えた。 「友人の訃報に途方に暮れている」「彼はNBAを世界で最もポピュラーなリーグに押し上げた」と語った元ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソンをはじめ、ツイッターでは多くの現役選手や元選手たちがスターン氏に対して悲しみや感謝の意を示している。 以下、NBAから公表されたリリース全文。 22年間にわたり、私はデイビッドの仕事をコートサイドで見てきました。彼は私のメンターであり、親愛なる友人でした。数え切れないほどの時間をオフィス、アリーナ、そして試合に向かう飛行機で共にしました。ほかのNBAレジェンドのように、デイビッドは並外れた才能を持っていましたが、彼にとっては基礎、準備、細部にわたる注意力、そしてハードワークがすべてでした。 デイビッドは1984年、当時岐路に立っていたNBAを引き継ぎました。そしてコミッショナーとしての30年間で、NBAを現代のグローバルなリーグになるよう導きました。画期的なメディア、マーケティング・パートナーシップ、デジタル資産、社会的責任プログラムを立ち上げ、数十億という世界中の人々にNBAを届けたのです。デイビッドがいたからこそ、NBAは真のグローバルブランドとなりました。その功績は彼がスポーツ界における最も偉大なコミッショナーだったというだけではなく、彼が彼の世代における最も影響力のあるビジネスリーダーであったという象徴です。 NBAファミリーのすべての人々が、デイビッドのビジョン、寛大さ、そしてひらめきの恩恵を受けています。デイビッドの妻ダイアン、彼の息子たち、アンドリューとエリック、親族の皆様にお悔やみを申し上げます。そして我々はこの悲しみを、彼の影響を受けたすべての人々と共有します。

コメント(20件)

  • 020
    [設定されていません]
    8か月前

    このコメントは削除されました

  • 019
    [設定されていません]
    8か月前

    このコメントは削除されました

  • 018
    [設定されていません]
    8か月前

    このコメントは削除されました

  • 017
    [設定されていません]
    8か月前

    このコメントは削除されました

  • 016
    牧_43歳
    8か月前

    ユーモアもあり、客が何が観たいのかを本能的に分かってる方だったという印象です。 弁護士としての実力でしょうか 当時はジョーダン始めカリスマ性のあるスター選手が多かったけど上手く演出して世界に広めた腕は凄い またWNBAの発足、ドレスコードの適用など勇気ある決断もしていて敏腕だなと思います。

    1
  • 015
    [設定されていません]
    8か月前

    このコメントは削除されました

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 前NBAコミッショナーのデイビッド・スターン氏が死去