NBAがレギュラーシーズン試合数削減や、シーズン途中のトーナメント戦導入案などを正式に提出

NBAがリーグに所属する全30チームに、レギュラーシーズンの試合数の削減、シーズン途中のトーナメント大会の導入などが含まれる案を正式に提出したことが分かった。 『AP通信』のティム・レイノルズ記者は、2021-2022シーズンに向けてNBAが、82試合から78試合へレギュラーシーズンの試合数を削減すること、シーズン途中に開催されるトーナメント大会の導入、そしてプレイオフの新しいシーディング案を各チームに提案したと報じている。 プレイオフのシーディングに関しての変更点は2つあり、各カンファレンスの7位と8位シードを決めるため、各カンファレンス7位から10位の4チームによる新たなトーナメントがレギュラーシーズン終了後に行われるのがひとつ。そしてカンファレンス・セミファイナルの時点でレギュラーシーズンの成績を基に、再度シード順位を決めるというのがもう一点となっている。 シーズン途中に開催される全チーム参加のトーナメントについては、各地区によるホーム&アウェイの総当たり戦がグループステージとして行われ、そこでグループ首位に立った6チームと、その次に成績の良かったワイルドカード2チームの計8チームがノックアウトステージに進出し、大会の準決勝と決勝は中立地域で行われるようだ。また優勝チームの選手には賞金として100万ドルが用意され、11月下旬から12月中旬に行うとされている。

コメント(25件)

  • 025
    Limes
    5か月前

    試合数削減なら、同div:4×4=16、同cof:3×10=30、異cof:2×15=30、の計76試合の方が綺麗な気がするが… トーナメントは盛り上がる(全力)ならあり。7、8シード決定戦に関しては7あるいは5戦式なら賛成、一発勝負だけは本当にやめて欲しい。シード順位の再指定は賛成。

    1
  • 024
    Yuko・S
    5か月前

    下位チームが上位チームに遊ばれるのは良くないが、こういう機会もたまには必要ではないかと思う(7位8位) でもレギュラーシーズンの試合もあるし集中できないと思います。怪我人も増えると思われるし。 ただ色々あって下位チームが上位チームを倒すことだってクジが良ければ、できなくない。そこら辺を考えているのかな。

    0
  • 023
    Happyhour
    5か月前

    良いじゃないですか! ずっと同じこと続けず、新しいことをどんどんやっていって、プレーヤーとファンにとって面白い取り組みを見つけていけば良いと思います。

    2
  • 022
    お腹ファウルトラブル
    5か月前

    西高東低のリーグのバランスがとられるようにプレイオフのシードを決めてほしいですね。 西の10位が東の8位より勝ってることもありましたし。

    1
  • 021
    [設定されていません]
    5か月前

    このコメントは削除されました

  • 020
    [設定されていません]
    5か月前

    このコメントは削除されました

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAスケジュール

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. NBAがレギュラーシーズン試合数削減や、シーズン途中のトーナメント戦導入案などを正式に提出