デイミアン・リラード、改めてポートランドへの忠誠心を強調

ポートランド・トレイルブレイザーズの大黒柱デイミアン・リラードが、改めてチームを離れることはないと強調している。彼はオンラインメディア『プレイヤーズ・トリビューン』に“忠誠心は全ての上にある”という題名の記事を寄稿。これからもブレイザーズのために、自分の力の全てを捧げると綴っている。 今シーズン、ここまでチームは黒星先行と苦しんでいるが、リラードにとってそれで自身の去就を考えることは全くない。「自分のいる都市をポートランドから変えることはない。このチームから離れることはないんだ」 そして、リラードはチーム愛を次のように続けている。「これまでにも苦労はあった。俺がこのチームに来た時、2000年を最後にプレイオフでのシリーズ勝利から遠ざかっていた。ブランドン・ロイやグレッグ・オデンのようなフランチャイズプレイヤーと期待された選手を含め、多くの怪我人が出ていた。また、もっと昔に戻ればクライド・ドレクスター、ビル・ウォルトンといったオールスターの名選手もこのチームで現役生活を終えていない」 「ただ、俺はここで現役を終えるつもりだ。そして、ポートランドにチャンピオンリングを持ってくるつもりだ」 これまでも現役生活をブレイザーズ一筋で終えたい意向を表明しているリラードは、シーズン開幕前に4年のスーパーマックス契約を結んでいる。また、彼は過去に通算得点でチーム歴代1位になりたいと述べているが、現在は1位のドレクスラーから4,545得点差の2位につけている。

コメント(21件)

  • 021
    エイタンゴ
    5か月前

    ヌルキッチはやく戻ってこーい😭😭😭

    0
  • 020
    bsロブ
    5か月前

    でもサラリーがね…

    0
  • 019
    reach
    5か月前

    デローザンルートみたいにならないことを心から祈る🤞🤞🤞

    0
  • 018
    Yukl
    5か月前

    リラードの忠誠心はかっいいけど、CJとのコンビで優勝は厳しいなー! サイズないし。

    0
  • 017
    5か月前

    ウジリがブレイザーズにこなければ大丈夫(適当)

    0
  • 016
    まつ
    5か月前

    >京都のじじぃ チームを変えない選手に好感が持てる≠チームを変える選手は好感が持てない 移籍か残留かには当然事情があるしどっちが正しいとかどっちの方が良いとかないただの好みの話なんだからそういう優劣の理由づけに俺の名前出さないで

    9

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Damian Lillard

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. デイミアン・リラード、改めてポートランドへの忠誠心を強調