サクラメント・キングスがアウェイでダラス・マーベリックスの連勝をストップ

現地12月8日にダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで行われたサクラメント・キングス対ダラス・マーベリックスの一戦は、試合序盤から好調にシュートを決めたキングスが、後半のマーベリックスの猛追を振り切って110-106で勝利した。 先発ポイントガードのディアロン・フォックスを怪我で欠いて3連敗中だったキングスは、この試合ではエース・スコアラーのバディ・ヒールドを中心としたオフェンスが好調で、前半だけで66点を取る猛攻を見せてマーベリックスに20点差を付けて後半を迎えた。 後半に入って、マーベリックスもMVP候補のルカ・ドンチッチを中心にして激しい追い上げを見せ、第4Q(クォーター)残り33.8秒に2点差にまで詰め寄ったが、残り13.4秒からのプレイで同点を狙ったドンチッチのラストショットが外れて万事休すとなった。 この試合までに18試合連続で「20得点以上、5リバウンド以上、5アシスト以上」を記録していたドンチッチは、試合序盤に審判への抗議でテクニカルファールをコールされる一幕もあったが、前半だけで10得点、4リバウンド、6アシストを記録するなど、この日もNBA2年目の選手とは思えないような堂々としたプレイぶりを見せ、最終的に27得点、7リバウンド、8アシストを記録して連続試合記録を19試合に伸ばした。 キングスでは、ヒールドが26得点、4リバウンド、5アシスト、ネマニャ・ビエリツァが30得点、7リバウンド、4アシスト、ハリソン・バーンズが13得点、7リバウンド、5アシスト、リショーン・ホームズが12得点、9リバウンドと活躍して勝利に貢献した。 一方、連勝が5でストップしたマーベリックスでは、ティム・ハーダウェイJr.が29得点、クリスタプス・ポルジンギスが13得点、8リバウンド、ドリアン・フィニー・スミスが13得点、8リバウンドを記録した。 キングスの次戦はアウェイのヒューストンで行われるヒューストン・ロケッツ戦で、マーベリックスは中3日をあけてアウェイのデトロイトで行われるデトロイト・ピストンズとの対戦を控えている。

コメント(7件)

  • 007
    ちらし寿司
    5か月前

    名将ルークウォルトンの采配が光る一戦でしたね。あっぱれ。

    0
  • 006
    河合玲奈
    5か月前

    正直、マブスの勝ちで決まりと思ってた! ふと見たら、接戦だったから思わずサクラメントを応援してしまった!

    1
  • 005
    ペリカン
    5か月前

    この試合 良かった。

    0
  • 004
    鉄の匂いがするおじさん
    5か月前

    今シーズンのSACは(勝ってても)接戦になるケースが多いから観てて(いろんな意味で)楽しいですよ! 是非みなさんもSACの試合を(ウォルトンHCを冷やかしながら)観てください!!

    0
  • 003
    Dame
    5か月前

    中々見応えのある試合だった

    0
  • 002
    せいちゃん
    5か月前

    まさかホームでキングスに負けるとは。

    0

関連タグ

チーム

  • マーベリックス
  • キングス

選手

  • Luka Doncic
  • Kristaps Porzingis
  • Buddy Hield

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. サクラメント・キングスがアウェイでダラス・マーベリックスの連勝をストップ