八村塁、NBA入り後最長の42分に出場し27得点

ワシントン・ウィザーズは現地12月5日、イースタン・カンファレンスの強豪フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)と対戦。本来のパワーフォワード(PF)に戻ったルーキーの八村塁がチームトップの27得点、エースのブラッドリー・ビールが26得点を挙げ、119-113で連敗を3でストップした。 左手首の手術を受けたCJ・マイルズ、右足甲の骨代謝異常で離脱中のトーマス・ブライアントに続き、先発ポイントガードのアイザイア・トーマスがふくらはぎ痛、ジョーダン・マクレーが右手薬指の手術で欠場。代わりに、イアン・マヒンミとモリッツ・ヴァグナーの両ビッグマンが復帰し、八村は前の試合で務めたセンターではなく、本来のPFに入った。 攻撃時にはリーグ屈指のセンターであるジョエル・エンビードがマークにつき、守備では経験豊富なPFアル・ホーフォードとマッチアップするなか、序盤から八村が魅せる。 第1Q(クォーター)にイシュ・スミスのパスに飛び込んでレイアップを決めると、カットインからリバースレイアップを成功させて4得点。続く第2Qにもトバイアス・ハリス、エンビード相手にプルアップ・ジャンパーを沈め、速攻から豪快なダンク、さらにはコーナーから3ポイントシュートを決めるなど前半だけで19得点を叩き出した。チームも途中出場のダービス・ベルターンスが3ポイントシュートを連続して決めるなど65-55と2桁リードを奪い、後半に突入した。 八村は第3Q立ち上がりにも、フリースローライン付近からミドルジャンパーを成功させ、1日のロサンゼルス・クリッパーズ戦以来となる20得点超え。第4Qにはテーピングした左手親指の痛みで表情を歪める場面があったものの、そのままプレイを続け、最終的にNBA入り後最長となる42分間に出場し、27得点、7リバウンド、2スティールを記録した。 チームも119-113で逃げ切り、4試合ぶりの勝利を挙げた。ウィザーズでは他にベルターンスが25得点、エースのブラッドリー・ビールが26得点、10リバウンド。76ersではハリスが33得点、エンビードが26得点、21リバウンドだった。

コメント(38件)

  • 039
    lily
    5か月前

    とにかく好き

    0
  • 038
    トイレ
    5か月前

    プラマイ上げたい

    0
  • 037
    tigzenon91
    5か月前

    ルイちゃんって活躍するけど勝てないのが悲しい

    0
  • 036
    K y r l e 11
    5か月前

    最強

    1
  • 035
    JRSmith
    5か月前

    もしスリーポインターを習得したら無双だよね。最近はオフにスリー練習して打てるようになる選手が多いから期待できる

    1
  • 034
    ゆっきー
    5か月前

    きたいとゆうより、 しょうさんです

    0

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ
  • 76ers

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 八村塁、NBA入り後最長の42分に出場し27得点