リーグ入り当初の評価を覆す過小評価組5人

今シーズンは若手、ベテラン問わず、多くのドラフト2巡目やドラフト外選手が活躍を披露している。 ドレイモンド ・グリーン、マルク・ガソル、ニコラ・ヨキッチ、ポール・ミルサップ、ディアンドレ・ジョーダン、カイル・コーバー、ルー・ウィリアムズといった名プレイヤーたちも、このカテゴリーに入る。若手であればルーキーのエリック・パスカルやケンドリック・ナンといったところだろうか。 ここでは今シーズン躍動する元2巡目指名、またはドラフト外選手を5人取り上げる。 ■マルコム・ブログドン(インディアナ・ペイサーズ) 昨シーズンはリーグ最高勝率を記録したミルウォーキー・バックスの主軸として活躍したが、今シーズンはオフに移籍したペイサーズでさらに輝きを増している。2016年にドラフト2巡目全体36位で指名されたあと、そのシーズンの新人王に輝いたブログドンは、今季得点(19.0)とアシスト(8.1)でチームトップの成績を残している。ビクター・オラディポが戦列に復帰すれば、ペイサーズはイーストのダークホースになる可能性も。 ■スペンサー・ディンウィディー(ブルックリン・ネッツ) ディンウィディーは、ケビン・デュラントなしで粘り強く戦うネッツにおける重要なピースだ。2014年のドラフト全体39位でピストンズに指名されたディンウィディーは、2016-17シーズンに再建途中のネッツに移籍。カイリー・アービングがチームのベストプレイヤーだが、安定した活躍で今シーズン最も頼りになるパフォーマンスを披露しているのはディンウィディーだ。 ■モントレズ・ハレル(ロサンゼルス・クリッパーズ) カワイ・レナード、ポール・ジョージという2人のスーパースターがいるチームにおいて、泥臭いハレルの貢献は見過ごされがちだ。ルー・ウィリアムズがいるおかげでチームにおけるシックスマンの座も獲得できていない。2015年に全体32位でロケッツに指名されたハレルは、ほかのチームであれば先発に入るだけでなく、オールスターにも出場できるが、試合の流れを変えるトーンセッターとしてクリッパーズでも欠かすことのできない存在となっている。 ■ケンドリック・ナン(マイアミ・ヒート) ヒート以外のチームが、今シーズンにおけるナンの活躍を予想できたと言うならばそれは嘘だ。ヒートでさえもこのドラフト外のルーキーが、ここまでの活躍を披露するとは思っていなかったはずだろう。絶好調だった10月(平均22.4得点)の勢いは少し衰えたが、プレイオフチームの先発という役目を全うしており、依然として多くの人の想像を上回るプレイを続けている。 ■エリック・パスカル(ゴールデンステイト・ウォリアーズ) パスカルは最悪のスタートを切ったウォリアーズにおける唯一の光だ。今年のドラフト全体41位で指名されたパスカルは、自身の誕生日に行われたブレイザーズ戦で34得点、13リバウンドと爆発し、突如表舞台に登場した。パワーフォワードとしては小さいパスカルだが、その攻守での活躍はチームメイトであり、同じ2巡目指名選手のドレイモンド・グリーンを彷彿とさせる。 ※データはすべて日本時間11月29日時点のもの。

コメント(7件)

  • 008
    Mr.ギリギリマスター
    4か月前

    バンブリード、デボンテ グラハム

    0
  • 007
    コバ
    4か月前

    ドフラト

    0
  • 006
    アンターク
    4か月前

    クリス・ミドルトン

    1
  • 005
    [設定されていません]
    4か月前

    このコメントは削除されました

  • 004
    トイレ
    4か月前

    パトリックベバリーも

    3
  • 003
    mickey
    4か月前

    アイザイア・トーマスも八村選手と一緒にウィザーズで 頑張ってるぞ‼️

    2

関連タグ

選手

  • Montrezl Harrell
  • Malcolm Brogdon
  • Spencer Dinwiddie
  • ケンドリック ナン
  • エリック パスカル

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. リーグ入り当初の評価を覆す過小評価組5人