ナゲッツのマイケル・マローンHCがコーチのチャレンジ制度について言及

デンバー・ナゲッツのマイケル・マローンHC(ヘッドコーチ)がコーチのチャレンジ制度について言及した。 マローンHCは「コーチたちは、まだ模索しているようだ。我々は審判に正しいコールをしてもらうためにチャレンジをするが、チャレンジを申請するに当たっては多くのルールが存在する。たとえば、チャレンジの回数は1試合に1回と決まっているため、たとえ選手が『俺はアウトオブバウンスをしていない』とか『俺はファールしていない』と言ったとしても、チャレンジは試合の終盤まで取っておく方が良い場合もある。多くのコーチが、チャレンジを試合の終盤に取っておこうとしているようだ。試合序盤にチャレンジをするのは、主にチームのエースがファールトラブルになるのを避けることが目的だ」と、チャレンジ制度の現状について語っている。 このマローンHCのコメントは、フェニックス・サンズに116-104で勝利した現地11月24日の試合前のインタビューで語られたものだ。このインタビューで、マローンHCはチャレンジ制度に関する様々な質問に答えた。 だが、マローンHCは、今シーズンこれまでの15試合で3回チャレンジを申請し、全て失敗している。そのチャレンジは、全て選手のファールに関するものだ。 NBAのデータによると、同23日までに申請されたチャレンジのうち118回はファール・コールに関するもので、アウトオブバウンスやゴールテンディングに関するチャレンジは合計で25回だった。 これまでの全てのチャレンジの成功率は39%で、アウトオブバウンスのチャレンジ成功率は67%、ゴールテンディングのチャレンジ成功率は57%、ファールに関するチャレンジ成功率は34%となっている。 また、マローンHCの指摘通り、全体の75%のチャレンジが試合の後半に申請されており、全体の49%のチャレンジが第4Q(クォーター)に集中しているというデータもある。 コーチがチャレンジを申請するタイミングを見るのも、今シーズンのNBAの楽しみ方の1つかもしれない。

コメント(2件)

  • 002
    アツシ
    8か月前

    回数制限はあって然るべきでしょうね。何回もチャレンジできたら試合の流れが中断され過ぎて、テンポがかなり悪くなりそうです。

    0
  • 001
    mickey
    8か月前

    チャレンジ成功したら、もう一回チャレンジできるみたいなルールじゃダメなのかな❓ 一回限りだとマローンHCの言うように、使い所が難しいと思う。まあそれが楽しみと言われたら何も言えないけど。

    1

関連タグ

チーム

  • ナゲッツ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ナゲッツのマイケル・マローンHCがコーチのチャレンジ制度について言及