キャリア序盤から落ち着きと将来性を見せる八村塁

11月8日(日本時間9日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦で21得点を記録したワシントン・ウィザーズの八村塁は、ウィザーズの選手としては2010年のジョン・ウォール以来最速となるキャリア8試合目で通算100得点に到達した。国内外のメディアやファンから注目を浴びる八村だが、その期待を超えるプレイをこの8試合で披露している。 ウィザーズのスコット・ブルックスHCは「(塁は)まさにNBAというものを体現している」と語る。 「必死に努力し、大きな夢を抱けば、チャンスが訪れる。彼のスキルを考えれば、どんどん成長していくだろう。塁は私がコーチしてきた偉大な選手たちにも引けを取らない。仲間からリスペクトされており、対戦相手も彼が本物であることを理解しているんだ」 6月にウィザーズからドラフト全体9位で指名され、NBAドラフトで1巡目指名を受けた初の日本人選手となった八村は、ここまでの8試合で平均13.6得点、フィールドゴール成功率49.0%、6.1リバウンドを記録している。 コート外では、『遠く離れた場所から観にきました』と書かれたサインを持って叫ぶファンに追いかけられ、NBAのスーパースターに匹敵するほどのメディアに囲まれ取材を受けるなど、彼の周囲はカオス状態だ。それでも彼は平静を保ち、コート上でしっかりと仕事を果たしている。 チームメイトのブラッドリー・ビールは先週のクリーブランド・キャバリアーズ戦後に「彼はとても落ち着いている」と話した。 「昂りすぎず、落ち込みすぎることもない。外の人が見てもそれはわかると思う。1年目の選手にしてはとても落ち着いているんだ。彼の成長は目覚ましいものがある」 八村の最初の8試合で最も注目すべきポイントは、ベテランのようなプレイを、当たり前のようにやっていることだろう。ディフェンスリバウンドを奪ってから自ら仕掛けるトランジションゲーム、巧妙なパス、そしてミドルレンジで見せる数々のムーブ。また高精度のミドルジャンパーに加え、ヒューストン・ロケッツ戦では放った3本の3ポイントショットをすべて決めるなど、その多様なオフェンススキルが洗練されていく様子が見て取れる。 もちろん苦戦することもある。現地6日のインディアナ・ペイサーズ戦では5本すべてのフィールドゴールを外しているが、そういった試合も成長過程の一部だ。それが何試合も続かないようにすることを、フロントやコーチは若手に求めている。 八村は続くキャブズ戦で13本中10本のフィールドゴールを成功させて21得点を記録。今シーズンのベストゲームと言える活躍で、そのコーチの要求に応えてみせた。今シーズン20得点以上を記録したのはこれで2回目、15得点以上は4回目となる。 ブルックスHCは「彼をとても評価するよ」と八村を称賛する。 「あの若さで彼はとても賢く、成熟しているが、初めて対戦する選手、初めて対戦するチーム、初めてプレイするアリーナと、まだ色々と経験している段階で、慣れるには少し時間がかかるだろう。それでも彼は1年目の選手に要求されることをすべて受け入れ、うまく対処している」 大局的な成長は経験とともにやってくる。それまでは、しっかりとモチベーションを保ち、自身の様々なスキルを磨いていけるかで、彼の成長は判断されることになる。そんななか、八村はここまで3試合で3アシスト以上を記録し、自身がボールハンドラーとしても優秀で、プレイメイク力もあることを証明している。 八村の開幕ダッシュは、シーズン終了後に1年全体を通して見れば小さいものだろう。しかし第一印象は最初しか作れないものだ。そういう意味では、ファンが期待していた以上の活躍を八村は見せている。

コメント(5件)

  • 005
    ちょびヒゲ
    6か月前

    器用な選手だね

    0
  • 004
    こぺ
    6か月前

    予想通りの活躍! 怪我なく順調にいけば 3年~4年以内にオールスターも!

    1
  • 003
    るしぃど
    6か月前

    すごい良くやってる。ルーキーなんだけど、ついスリーとか期待しすぎてしまう程。 まさかウィザーズの試合を楽しみにする時代が来るとは…

    6
  • 002
    シュー
    6か月前

    チームがもう少し勝てばなあ

    3
  • 001
    ニッキチ
    6か月前

    想像以上の活躍! ある意味、ウィザーズでよかった。

    4

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. キャリア序盤から落ち着きと将来性を見せる八村塁