ラプターズ、チャンピオンリング贈呈式を実施

現地22日、トロント・ラプターズが、ニューオリンズ・ペリカンズとのシーズン開幕戦を前に昨シーズンのNBA王者を記念したチャンピオンリングの贈呈式を行った。 選手、コーチ陣、フロントオフィスのスタッフたちに渡されたリングは地元カナダを拠点とするバロン・チャンピオンシップ・リングス社が製作したもの。ラプターズの親会社MLSE(メイプルリーフ・スポーツ&エンターテイメント)でチェアマンを務めるラリー・タネンバウムはこう語る。 「ラプターズ最初のNBAチャンピオンをカナダ中のバスケットボールファン、チーム自身が24年に渡って待ち望んでいました。私たちはこの素晴らしいチャンピオンリングを作らせてくれた選手たち、コーチたち、スタッフを本当に誇りに思っています。この優勝は歴史となり、リングはこの偉業を永遠に祝う記念品となるでしょう」 ラプターズの2019ワールドチャンピオンシップリングは、NBAの優勝リングの中では史上最大の大きさとなる。中央上にラリー・オブライエントロフィー、その背景には本拠地トロントのスカイライン、真ん中にはユニフォームと同じNORTHの文字、さらに下部には本拠地スコティアバンク・アリーナがデザインされている。 また、リングの表面にはプレーオフを含めた2018-19シーズン全体の勝利数である74個のダイヤモンドが使用されている。側面にはチームロースターを示す16個の天然ルビーと、特徴的な形のダイヤモンドが施されている。また、それぞれの選手名、背番号、WORLD CHAMPIONの文字NBAロゴ、ラプターズのチームロゴも入っている。内側には、選手毎に独自のメッセージ、カナダを象徴するメイプルリーフ、チャンピオンシップシリーズにスコアが刻印されている。 チームリーダーのカイル・ラウリーは、「このリングは、ラプターズのためのものではない。これはトロント、そしてカナダ全体のものだ」と語り、ファン、地元コミュニティのサポートに改めて感謝している。「リングの詳細は、僕たちにとって重要なこととチャンピオンシップシーズンの象徴的なものを示している。NBAの歴史においても最高のリングの1つだと思う」

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ラプターズ

    キーワード

    • ニュース全般
    • NBA優勝リング

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ラプターズ、チャンピオンリング贈呈式を実施