デイビッド・グリフィン球団副社長「ザイオン・ウィリアムソンの怪我は長期的な視点で捉える」

右膝半月板の負傷によりドラフト全体1位指名のザイオン・ウィリアムソンの開幕戦デビューは叶わなかったが、ニューオーリンズ・ペリカンズはその怪我に対して長期的なプランをもっているようだ。球団副社長のデイビッド・グリフィンは、「怪我については今後も慎重に取り扱っていく。これはマラソンであり、短距離走ではない」と述べた。 ウィリアムソンが復帰するには6〜8週間かかると見られているが、82試合という長いシーズンにおいて彼はまだインパクトを残すとグリフィン球団副社長は指摘している。 「昨日行った(現地21日)手術は、上手くいったようだ。我々は彼がこの手術のおかげとても良い状態で帰ってくると楽観視している」 ウィリアムソンが怪我を負った実際のプレイは判明していないが、現地13日のスパーズ戦の2日後に彼自身がトレーニングスタッフに違和感を伝えると、MRI検査で怪我が見つかった。 ペリカンズはオフシーズンに何度も選手層の厚さがチームの長所であると主張してきたが、早くもその力が試される時がやってきた。ウィリアムソンの欠場はほかの選手にとってはチャンスとなる。短期的な解決策として、JJ・レディックが先発に回り、ブランドン・イングラムはパワーフォワードにポジションを移すことになるだろう。 「ほかの選手の出場時間は確実に伸びることになる」とグリフィン球団副社長は語る。「スタッフの間でも話しているが、我々はとてもチームの層が厚い。誰がベストプレイヤーか分からないほど力のある選手が揃っている。今の状況なら出場時間を多くの選手に振り分けることができ、全員が試合の感覚に慣れることができる。我々には汎用性がありアスレチックな選手が多くいる」 ウィリアムソンの怪我のニュースを聞いて、多くの識者はペリカンズに対する今季の期待値を下げたが、グリフィン球団副社長はチームにはまだ競争する力があると信じている。 「今は誰もチームが勝てると思っていない。ただし我々はチームがこの状況に適応すると期待している」

コメント(0件)

  • 001
    イマクニ2世
    9か月前

    やっぱだめかぁ

    1

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

キーワード

  • 怪我

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. デイビッド・グリフィン球団副社長「ザイオン・ウィリアムソンの怪我は長期的な視点で捉える」