ルオル・デンがブルズの選手として引退へ

シカゴ・ブルズが、ルオル・デンと契約したことを発表した。デンは今シーズン限りでNBAを引退することを表明している。 2度のNBAオールスター出場経験を持つ南スーダン出身のデンは、2004年のNBAドラフト1巡目全体7位指名でブルズに入団した。彼は、15シーズンにおよぶNBAキャリアでブルズ、クリーブランド・キャバリアーズ、マイアミ・ヒート、ロサンゼルス・レイカーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズの5チームで合計902試合に出場し、1試合平均34.3分間のプレイで平均14.8得点、6.1リバウンド、2.3アシストという成績を残した。また、彼はキャリア通算で7度プレイオフに進出しており(ブルズで7回、ヒートで1回)、62試合のプレイオフ・ゲームで1試合平均15.9得点、6.7リバウンド、2アシストを記録している。 デンは、プロ入りから12シーズン連続で平均二桁得点を達成し、2011-12シーズンと2012-13シーズンには平均出場時間でNBAトップになった。ちなみに、その2シーズンで、彼はNBAオールスターに選ばれている。 また、彼は2004-05シーズンにオール・ルーキー・ファーストチームに選出され、2011-12シーズンにはオール・ディフェンシブ・セカンドチームに選出されている。 デンは、ブルズの球団歴代記録の様々な分野で上位にランクしている。彼は、在籍シーズン数(10シーズン/4位タイ)、出場試合数(637試合/6位)、出場時間(22882分間/5位)、総得点(10286点/4位)、フィールドゴール成功数(3987本/5位)、フィールドゴール試投数(8675本/5位)、フリースロー成功数(1925本/8位)、フリースロー試投数(2490本/6位)、オフェンス・リバウンド数(1109本/9位)、ディフェンス・リバウンド数(2969本/6位)、総リバウンド数(4078本/9位)、スティール数(639回/5位)、ブロック数(360回/10位)でチーム歴代10位以内にランクしている。 彼は、2011-12シーズン(平均15.3得点)と2012-13シーズン(平均16.5得点)にチームのリーディング・スコアラーにもなっている。 ブルズは、シーズン中のどこかのタイミングでデンの功績を讃えるイベントを行う予定だが、その日付はまだ決まっていない。 デンとの契約に伴い、ブルズはペリオン・キャランドレットを解雇している。

 

コメント(2件)

  • 002
    [設定されていません]
    5か月前

    このコメントは削除されました

  • 001
    つーふー
    5か月前

    え、ちょーうれしい

    1

関連タグ

チーム

  • ブルズ

選手

  • Luol Deng

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ルオル・デンがブルズの選手として引退へ