コービー・ブライアントの銅像に複数の誤植が発覚

今年2月に披露されたコービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)の銅像に、複数の誤植があったようだ。銅像にはブライアントが2006年に81点を挙げたトロント・ラプターズ戦のボックススコアが刻印されているのだが、ホセ・カルデロン(当時ラプターズ)とボン・ウェイファー(当時レイカーズ)の名前の綴りが間違っているという。さらに、”Decision”の綴りが“Decicion”となっている部分もあった。 レイカーズの広報は、「数週間前からこのことを認識しており、すぐに修正できるよう取り組んでいる」とコメントしている。 今回の一件はドイツのジャーナリストがXでポストして以降、SNSで拡散され話題となっていた。 なお、ブライアントの銅像は81点を記録した8番のユニフォームを着用しているもので、今後24番を着たもの、娘ジアナとのものと、2つ制作される予定。設置場所や披露される日程は未定である。

▶▶NBA全試合が無料で観られる「NBA LEAGUE PASS for 楽天モバイル」。詳細をチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

コメント(28件)

    関連タグ

    チーム

    • レイカーズ

    キーワード

    • ニュース全般
    • コービー・ブライアント

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. コービー・ブライアントの銅像に複数の誤植が発覚