クリス・ポールとスコット・フォスターの因縁についてコミッショナーがコメント 「友達になる必要はないが、しっかり仕事をしなければならない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクリス・ポールとレフェリーのスコット・フォスターの間に、長い因縁があることはNBAファンの間ではよく知られている。今季も11月末に、ポールが昨季まで所属したフェニックス・サンズとの凱旋試合で、フォスターのジャッジに文句を言って2度のテクニカルファウルの末退場となっている。そんな両者に対して、アダム・シルバー・コミッショナーが警告を発している。 『SiriusXM NBA Radio』のインタビューに応じたシルバーは、2人に今後どのようなことを期待しているかを明かしたのだ。 「そこにいるのは2人のベテランだ。スコットは最も尊敬され、評価されているNBAレフェリーの1人だ。だからこそ、彼はNBAファイナルの試合でレフェリーを務めている。もちろんクリスの凄さについては、彼の実績がそれを物語っているだろう。2人がどんな不仲だろうと、友達になる必要はないが、しっかり仕事をしなければならない。プロに徹するということを期待している」 NBAのオフィシャルとして28年目のシーズンを迎えるフォスターは、1600試合以上でレフェリーを務めている。しかし、ファンが彼について連想するのはポールとの確執だ。さらに、フォスターがレフェリーを務めた試合でポールが2勝18敗と大きく負け越している事実も、2人の関係性をより興味深いものにしてしまっている。 シルバーのコメントを、2人はどのような気持ちで受け止めるだろうか。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (12)

    Related Tags

    Teams

    • ウォリアーズ

    Players

    • Chris Paul

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. クリス・ポールとスコット・フォスターの因縁についてコミッショナーがコメント 「友達になる必要はないが、しっかり仕事をしなければならない」