サンズがFA交渉開始時期に関する違反により、2024年のドラフト2巡目指名権を剥奪される

日本時間10月26日(現地25日)、NBAはフェニックス・サンズがフリーエージェント交渉時期に関する規定に違反したとして、サンズがオーランド・マジックから獲得した2024年のドラフト2巡目指名権(元はデンバー・ナゲッツが所有)を剥奪したと発表した。 サンズはフリーエージェントの交渉解禁日前に、ドリュー・イーバンクスに接触したという。後にイーバンクスはサンズと契約を結んでいる。なお、リーグはサンズが調査に協力したと発表している。 サンズは「NBAの調査結果に失望している。違反があったとすれば、それは不注意だった。リーグルールを遵守し、最高レベルの試合をすることに毎年注力してる。無論、リーグからのペナルティを受け入れる」との声明を発表している。

【お知らせ】11月11日(土)、全国8か所で「Public Viewing in Cinema〜映画館でレイカーズ対サンズ戦をLIVEで観よう〜」を開催! チケット先行販売中

▶▶【お知らせ】「NBA LEAGUE PASS for 楽天モバイル」の無償提供を開始

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (11)

    Related Tags

    Teams

    • サンズ

    Players

    • Drew Eubanks

    Keywords

    • ニュース全般
    • 罰金

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. サンズがFA交渉開始時期に関する違反により、2024年のドラフト2巡目指名権を剥奪される