セルティックスOBのパーキンスがテイタムに優勝を期待「ヤニスとバックスがいない以上、言い訳はできない」

ボストン・セルティックスは現在、フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)とのカンファレンス準決勝でシリーズ2勝1敗とリードしている。すでにイースト第1シードのミルウォーキー・バックスが敗退しており、セルティックスOBのケンドリック・パーキンスはリーグ優勝がノルマだと考えているようだ。 レギュラーシーズン57勝25敗でイーストの第2シードを獲得したセルティックス。6年目のテイタムが74試合に出場して自己ベストの平均30.1得点、8.8リバウンド、4.6アシストとキャリアベストのパフォーマンスを見せ、チームを力強く牽引している。 プレイオフ1回戦でアトランタ・ホークスをシリーズ4勝2敗で破ると、カンファレンス準決勝でもシクサーズ相手に2勝1敗とリード。仮にシリーズを勝ち抜けば、ニューヨーク・ニックスとマイアミ・ヒートの勝者とカンファレンス決勝で対戦することになる。 2008年にセルティックでリーグ優勝を経験している元NBA選手のパーキンスは『ESPN』の番組『First Take』で、古巣の通算18回目のタイトル獲得に期待を寄せている。 「ヤニス(アデトクンボ)とバックスがプレイオフにもういない以上、テイタムは(チャンピオンシップを勝ち獲れない)言い訳はできない。(シクサーズとの)このシリーズだけでなく。ポストシーズンを通して結果を残し続け、チャンピオンシップを地元に持ち帰る必要がある」 2021年にリーグを制したバックスは、プレイオフ1回戦で第8シードのヒートにシリーズ1勝4敗と足元をすくわれて今シーズンが終了している。昨季NBAファイナルまで勝ち進んだセルティックスは、再びタイトル獲得への挑戦権を手にできるだろうか。

▶▶熱戦続きのプレイオフ。NBA Rakutenの視聴プランをチェック!

▶▶「NBA Rakuten」、コンバースと初のコラボレーションによるオリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」を5月16日(火)に発売

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (40)

    Related Tags

    Teams

    • セルティックス

    Players

    • Jayson Tatum

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. セルティックスOBのパーキンスがテイタムに優勝を期待「ヤニスとバックスがいない以上、言い訳はできない」