サンズがネッツのケビン・デュラントをトレードで獲得か

日本時間2月9日(現地8日)、フェニックス・サンズが、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントをトレードで獲得間近だと『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。 同記者によると、トレードの詳細は以下の通り。 ■サンズ獲得 ケビン・デュラント TJ・ウォーレン ■ネッツ獲得 ミケル・ブリッジズ キャメロン・ジョンソン ジェイ・クラウダー 2023年ドラフト1巡目指名権 2025年ドラフト1巡目指名権 2027年ドラフト1巡目指名権 2029年ドラフト1巡目指名権 2028年ドラフトスワップ権 34歳のデュラントは2019年7月にゴールデンステイト・ウォリアーズからネッツへ移籍。加入4年目の今季は出場39試合で平均29.7点、6.7リバウンド、5.3アシスト、1.5ブロック、FG成功率55.9%、3ポイント成功率37.6%、フリースロー成功率93.4%を記録している。 また、デュラントはサンズ行きを望んでおり、サンズのオーナーになったばかりのマット・イシュビアは現地夜の間に取引をまとめたかったようだとウォジナロウスキー記者は報じている。 デュラントは今季開幕前にトレード要求をしていたことが話題となり、その時も移籍先の候補としてサンズが挙がっていた。サンズは30勝26敗でウェスト5位につけている。 26歳のブリッジズは、2018年のドラフト1巡目全体10位で指名されてNBA入り。毎シーズン成績を向上させ、5年目の今季は56試合で平均17.2点、4.3リバウンド、3.6アシスト、1.2スティール、3ポイント成功率38.7%の数字を残し、リーグ屈指の3&Dとして知られている。3月に27歳となる4年目のジョンソンは、今季は怪我で17試合の出場にとどまっているが、コート上では平均13.9点、3.8リバウンド、3ポイント成功率45.5%の成績を記録している。 10年のキャリアを誇るクラウダーは、開幕前にトレード要求をしたことが報じられた後、今季はチームと合意の上で出場がなかった。キャリア通算では、735試合で平均9.6点、4.3リバウンド、1.0スティール、3ポイント成功率34.6%をマークしている。なお、ウォジナロウスキー記者によれば、ネッツはトレード期限(日本時間10日午前5時)までにクラウダーを別のチームへとトレードすることを模索しているという。

▶▶NBA Rakuten限定の公式アパレル第2弾がリリース。今回はジップアップフーディーとデニムジャケット

▶▶レイカーズの八村塁やネッツの渡邊雄太らの活躍が観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (211)

    Related Tags

    Teams

    • ネッツ
    • サンズ

    Players

    • Kevin Durant
    • ミケル ブリッジズ
    • TJ ウォーレン
    • Jae Crowder
    • キャメロン ジョンソン

    Keywords

    • 移籍・トレード

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. サンズがネッツのケビン・デュラントをトレードで獲得か