HC解任&アービング出場停止のネッツ、デュラントのトレード話再燃の可能性が浮上「次のドミノだ」

開幕から3勝6敗と苦しむブルックリン・ネッツは、スティーブ・ナッシュ・ヘッドコーチ(HC)解任、カイリー・アービングの出場停止処分など、チームが揺れている。そのなかで『ESPN』のザック・ロウ記者は、ケビン・デュラントのトレード話再燃の可能性を予想している。 ネッツはシーズン開幕前、デュラントがチームにトレードを要求し、プレイヤーオプションだったアービングも移籍濃厚だとされていた。結局、2枚看板はともに残留する形で2022-23シーズンに突入した。 しかし、日本時間10月25日(現地24日)に行われたメンフィス・グリズリーズ戦から4連敗を喫するなどチームが噛み合わず、11月2日(同1日)にナッシュHCを解任。さらに、自身のSNSで反ユダヤ主義の映像作品のリンクを公開したアービングも、11月4日(同3日)にチームから最低5試合の出場停止処分(その間は無報酬)を科された。 『FOXスポーツ』は「ケビン・デュラントのトレード話は再び過熱する可能性がある」と見出しを打ち、『ESPN』のザック・ロウ記者が自身のポッドキャストで語った内容を伝えている。 「次のドミノは……デュラントだ。彼には契約が4年残っていて、実際にトレードが起こるかは分からないけど、リーグ全体が再びデュラントに関与する準備はできている」 デュラントは2021年8月に4年総額1億9800万ドル(約290億円)で契約延長を結んでおり、高額年俸と34歳という年齢を踏まえるとトレードは容易ではないが、果たして実現する日は訪れるのだろうか。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

Comments (60)

    Related Tags

    Teams

    • ネッツ

    Players

    • Kevin Durant

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. HC解任&アービング出場停止のネッツ、デュラントのトレード話再燃の可能性が浮上「次のドミノだ」