NBAが規定日より早くFA交渉を行なったとして76ersに処分を科す

日本時間11月1日(現地10月31日)、NBAはフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)が今年の夏、フリーエージェントに関する交渉のタイミングについてリーグの規則に違反したとして、シクサーズから2023年と2024年のドラフト2巡目指名権をはく奪したと発表した。 この処分は、シクサーズがPJ・タッカー、ダニュエル・ハウスJr.と規則で定められた日程よりも前にFA交渉を行なったことに関する調査結果をもって下されたものだ。2人の契約は、プレイヤーオプションを破棄してFAとなったジェームズ・ハーデンが約1500万ドルの減俸を受け入れたことで実現したと見られている。なお、チームは調査について全面的に協力したという。 シクサーズが受けた今回の罰則は、ミルウォーキー・バックス、マイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズに続き、過去2年で4チーム目となる。 なお、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、昨夏ニューヨーク・ニックスへ移籍したジェイレン・ブランソンに関する同様の調査は現在も継続されているという。

ピストンズがボーヤン・ボグダノビッチと2年の延長契約で合意か 現地メディアがレポート

76ersがタイリース・マクシーとジェイデン・スプリンガーの契約オプションを行使

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

Comments (25)

    Related Tags

    Teams

    • 76ers

    Players

    • Danuel House Jr.
    • PJ Tucker

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. NBAが規定日より早くFA交渉を行なったとして76ersに処分を科す