ナゲッツの二コラ・ヨキッチが2021-22シーズンのMVPに輝く 2年連続の受賞は史上13人目

日本時間5月12日(現地11日)、NBAはデンバー・ナゲッツの二コラ・ヨキッチを2021-22シーズンのMVPに選出したと発表した。ヨキッチの受賞は昨季に続いて2回目。連続でのMVP選出は、カリーム・アブドゥル・ジャバー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ラリー・バード(元ボストン・セルティックス)、ウィルト・チェンバレン(元レイカーズほか)、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)、マジック・ジョンソン(元レイカーズ)、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、モーゼス・マローン(元フィラデルフィア・76ersほか)、スティーブ・ナッシュ(元フェニックス・サンズほか)、ビル・ラッセル(元セルティックス)と並び、史上13人目の快挙である。 ヨキッチは65人から1位票を獲得。2位はジョエル・エンビード(シクサーズ)、3位はヤニス・アデトクンボ(バックス)だった。以下、デビン・ブッカー(サンズ)、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)が続く。なお、MVPの投票で上位3人(ヨキッチ/セルビア、エンビード/カメルーン、アデトクンボ/ギリシャ)、並びに上位5人のうち4人(ドンチッチ/スロベニア)がアメリカ以外の選手というのは史上初である。 ヨキッチは7シーズン目の今季、平均27.1点、13.8リバウンド、7.9アシスト、1.47スティール、0.85ブロックを記録。アシスト以外のカテゴリーでキャリアハイをマークした。リーグ全体でも、得点6位、リバウンド2位、アシスト8位、スティール12位、ブロック33位と上位にランクインしている。さらにリバウンド数(1019)とディフェンシブ・リバウンド(813)の総数でリーグトップに立っている。 1シーズンで2000点、1000リバウンド、500アシスト以上、そして平均25.0点、13.0リバウンド、6.0アシスト以上を記録したリーグ史上初の選手となった。加えて、トリプルダブル(19回)とダブルダブル(66回)の回数も、1シーズンにおける球団史上最多記録である。 ■投票結果は以下の通り。名前の横、左から1位票数、2位票数、3位票数、4位票数、5位票数、合計得点。1位票は10点、2位票は7点、3位票は5点、4位票は3点、5位票は1点が加算される。 1位:ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)/65/27/6/2/0:875点 2位:ジョエル・エンビード(76ers)/26/39/34/1/0:706点 3位:ヤニス・アデトクンボ(バックス)/9/32/52/7/0:595点 4位:デビン・ブッカー(サンズ)/0/1/8/49/22:216点 5位:ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)/0/1/0/32/43:146点 6位:ジェイソン・テイタム(セルティックス)/0/0/0/8/19:43点 7位:ジャ・モラント(グリズリーズ)/0/0/0/1/7:10点 8位:ステフィン・カリー(ウォリアーズ)/0/0/0/0/4:4点 9位:クリス・ポール(サンズ)/0/0/0/0/2:2点 10位:デマー・デローザン(ブルズ)/0/0/0/0/1:1点 -位:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)/0/0/0/0/1:1点 -位:ケビン・デュラント(ネッツ)/0/0/0/0/1:1点

▶▶プレイオフを全試合LIVEで観られるLEAGUE PASS(シーズン)が9900円に。プランをチェック!

コメント(86件)

    関連タグ

    チーム

    • ナゲッツ

    選手

    • Nikola Jokic

    キーワード

    • ニュース全般
    • MVP

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ナゲッツの二コラ・ヨキッチが2021-22シーズンのMVPに輝く 2年連続の受賞は史上13人目