76ersはベン・シモンズをトレードせず!? 最大の目標は「最終期限日後に戻ってプレイするように説得すること」と現地レポート

NBAの2021-22シーズンは、日本時間2月11日(現地10日)がトレード・デッドラインに設定されている。毎年、最終期限日前後に動きを見せるチームも少なくないなか、フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)は、今季1試合もプレイしていない25歳のベン・シモンズを放出しない可能性が濃厚のようだ。 昨季終了後からトレードの噂が飛び交っていたシモンズは、新天地が決まらぬままキャンプ、そしてシーズンに突入。チームドクターとの面談を3度拒否したことでシクサーズが昨年11月5日(同4日)のデトロイト・ピストンズ戦から再び罰金を科し始め、代理人のリッチ・ポールは非難の声を上げるなど終着点は見えておらず、このままシーズンが終わってしまうと危惧する声もある。 平均26.7得点、10.7リバウンド、4.2アシストをジョエル・エンビードが奮闘する形で、シカゴ・ブルズ、ブルックリン・ネッツ、ミルウォーキー・バックスの上位陣になんとか食らいついているシクサーズ。NBAインサイダーのマーク・ステイン氏は、自身のコラムで「デッドラインが近づくにつれて、シモンズを求める新たなチームとそのほかのトレードの可能性は激減する」と綴り、このように見解を述べている。 「シクサーズの最大の目標は、トレード・デッドラインからおよそ30日後、ベン・シモンズに今季戻ってチームのためにプレイするように説得することだ」 アトランタ・ホークスがシモンズの移籍先候補として新たに噂されているが、数カ月続くこの問題はどのような決着を見るのだろうか。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

NBAオールスター2022のファン投票第1回途中経過が発表 ステフィン・カリーが全体トップの票数を獲得

ラッセル・ウェストブルック、レイカーズ内でトレード検討報道の現実に米記者言及「人気は非常に低い」

「別の方法で対処する必要があった」 ジュリアス・ランドルがニックスファンへの物議を醸すジェスチャーを謝罪

Comments (77)

    Related Tags

    Teams

    • 76ers

    Players

    • Ben Simmons

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 76ersはベン・シモンズをトレードせず!? 最大の目標は「最終期限日後に戻ってプレイするように説得すること」と現地レポート