ケビン・デュラントが2022年初戦のクリッパーズ戦逆転負けを悔恨「俺たちは勝利に値しなかった」

ブルックリン・ネッツは日本時間1月2日(現地1日)にホームで行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦で116-120と逆転負けを喫し、2022年は黒星スタートとなった。エースのケビン・デュラントは試合後、油断があったことを認めている。『ESPN』のニック・フリーデル記者が伝えた。 ネッツはカワイ・レナードとポール・ジョージの2枚看板を欠くクリッパーズ相手に一時13点差をつけたが、第4クォーターに29-40と猛攻に遭い、悔しい逆転負けとなった。ジェームズ・ハーデンが34得点、12リバウンド、13アシストのトリプルダブル達成、デュラントも28得点(フィールドゴール11/24、3ポイント2/6、フリースロー4/5)、9リバウンドを記録したが勝利には手が届かず、デュラントは悔しさをにじませた。 「俺たちはリラックスしすぎた。コーチ(スティーブ・ナッシュHC)が言ったように、この試合の勝利に値しなかった。勝つものだと思ってひどいスタンスで臨んでしまった」 デュラントは、レナード、ジョージ、ニコラ・バトゥーム、タロン・ルーHCが不在だったクリッパーズに対して、少なからず油断があったことを認めている。 「クリッパーズは何人の選手がいない? Gリーグの選手がプレイしている。このような試合で負けるとは思わない」 ナッシュHCも「後半の71失点は受け入れられない。勝てるゲームだったし、失望している」と悔恨しており、連敗を止めるべく、早急な立て直しが求められる。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

ケビン・デュラントがジョエル・エンビードとの“睨み合い”の真相を明かす「競争心の炎が燃えたぎった」

「リムプロテクターTOP10」をNBAが発表 ヤニス・アデトクンボとルディ・ゴベアが熾烈な1位争いを展開

クレイ・トンプソンの復帰は「もう間近」 先発起用で約18分間のプレイ制限か

Comments (30)

    Related Tags

    Teams

    • ネッツ

    Players

    • Kevin Durant

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. ケビン・デュラントが2022年初戦のクリッパーズ戦逆転負けを悔恨「俺たちは勝利に値しなかった」