新型コロナウイルス感染のセドリック・セバロスが隔離施設から出られたことを報告

新型コロナウイルスに感染しICU(集中治療室)に入院していることを明かしていた元NBA選手のセドリック・セバロスが、隔離施設から出られたことを自身のツイッターで報告した。しかし現在もICUにおり、自力での呼吸や歩行は難しい状況にあるという。 それでもセバロスは、「COVID-19から解放されました。皆さんの祈りと私の回復を願ってくれたことに感謝します」と、自身の復活を願ったファンにツイッターで謝意を述べている。 8月で52歳になったセバロスは先週、ICU入って10日目に、酸素マスクをつけた自分の写真をツイートしていた。 1990年にフェニックス・サンズに入団しNBA選手となったセバロスは、その後ロサンゼルス・レイカーズ、ダラス・マーベリックス、デトロイト・ピストンズ、マイアミ・ヒートでプレイ。キャリア通算で平均14.3点をマークしている。サンズに所属していた1992年には、オールスターのスラムダンク・コンテンストで目隠しダンク“ホーカス・ポーカス”を決めて優勝。レイカーズに所属していた1995年には、怪我で出場こそ叶わなかったもののオールスターに選出されている。

「僕ならレブロンを99点にする」 ザイオン・ウィリアムソンが『NBA 2K22』のレーティングに言及

クレイ・トンプソン復帰のウォリアーズ、チャンピオンコンテンダーと呼べない“5つの懸念材料”とは?

ケンドリック・パーキンス、レイカーズに史上3チーム目の”大台突破”を期待「70勝しても驚きはない」

Comments (5)

    Related Tags

    Keywords

    • ニュース全般
    • 新型コロナウイルス
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 新型コロナウイルス感染のセドリック・セバロスが隔離施設から出られたことを報告