自宅からレイカーズを鼓舞し続けたエイブリー・ブラッドリー 自身初の優勝は「特別な気分」

ロサンゼルス・レイカーズのエイブリー・ブラッドリーは家族とその健康を優先し、フロリダ州オーランドのバブル(隔離地域)で開催された再開シーズンには参加しなかった。 そのため、チームの10年ぶりのリーグ制覇をテキサスにある自宅で祝うことになったブラッドリーだが、気持ちは常にチームとともにあったという。『ESPN』の取材に対し、チームの優勝について心境を明かしている。 「(家族)みんなが興奮していた。僕の妻もね。試合は全て見ていたよ。僕はレイカーズの一員だからね。キャリアを通して、優勝するためにプレイしてきた。例えその場にいなくてもチームに寄り添い、その一部だと思えたから特別な気分だった」 現場にこそいなかったが、キャリア節目の10年目で自身初の優勝を達成したブラッドリーは、新型コロナウイルスの影響によるシーズン中断前の時点で、49試合に出場(うち先発44試合)し、平均8.6得点、2.3リバウンドを記録。タフなペリメーターディフェンスで、レイカーズのプレイオフ第1シード獲得に貢献した。また、バブルでシーズンが再開して以降も定期的に連絡を取り、チームを鼓舞していたという。 優勝決定直後にはロブ・ペリンカGM(ゼネラルマネージャー)などから連絡が入り、「君もチームの一部だ」と伝えられたというブラッドリー。再開シーズン不参加ではあったものの、ペリンカGMに「チームが優勝した際はチャンピオンリングを渡す」と約束されたことを、ブラッドリーは7月に明かしていた。 また、ブラッドリーはレイカーズだけでなく、NBAと同時期にフロリダ州ブレイデントンのバブルでシーズンを開催していたWNBAの支援も行なっていたようだ。 『Forbes』によると、ブラッドリーはWNBA選手会と協力し、選手、特にバブルに滞在する母親たちのために3万ドル(約320万円)以上の物資を寄付。そこには選手の子供たちが遊ぶための絵具セット、カード、本、Xboxなどの家庭用ゲーム機に加え、母親たちのための健康器具や美容器具などが含まれていたという。 ブラッドリーはこの支援について、「彼女たちがバスケットボールに集中できるように、少しでも自分ができるサポートをしたかった」と語った。

その他のニュース

ニック・ナースHC、1年前のラプターズ初優勝を回想 カワイ・レナードがチーム一丸とさせた一言とは?

ヤニス・アデトクンボの“獲得レース”最右翼はマブズ? 米記者が主張「ヤニスは第3のスターを求めている」

ジミー・バトラーは「リーグトップ10の選手になった」 ヒートの快進撃を支えた活躍を受けて米記者が主張

就任1年目で優勝。ポジティブなエナジーでレイカーズをまとめたフランク・ボーゲルHC【宮地陽子コラム vol.7】

レイカーズ相手に善戦。雑草軍団を支えた“ヒート・カルチャー”とは【杉浦大介コラム vol.34】

コメント(8件)

    関連タグ

    チーム

    • レイカーズ

    選手

    • Avery Bradley

    キーワード

    • ニュース全般
    • NBA優勝リング
    • NBAファイナル

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. 自宅からレイカーズを鼓舞し続けたエイブリー・ブラッドリー 自身初の優勝は「特別な気分」