レブロン・ジェームズの支配力を同僚が称賛「試合終盤、彼がアウトサイドシュートを決めだしたら相手は終わり」

ロサンゼルス・レイカーズが、10年ぶりとなるNBAファイナル進出を決めたデンバー・ナゲッツとのカンファレンス決勝第5戦において、粘るナゲッツに引導を渡したのはレブロン・ジェームズだった。この試合でジェームズは38得点、16リバウンド、10アシストのトリプルダブルと大暴れしたが、なかでも9連続得点を挙げるなど試合終盤で見せたプレイは圧巻だった。 ジェームズのチームメイトであるアレックス・カルーソは、クランチタイムにおけるジェームズのプレイを次のように称えた。地元紙『THE ORANGE COUNTY REGISTER』のカイル・グーン記者が伝えている。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

「レブロンが試合終盤でアウトサイドシュートを決め始めたら、それは対戦相手にとって試合が終わったことを意味する。なぜなら、僕らは最終的に相手の攻撃を止めることができるし、終盤で試合をコントロールするために必要なプレイを成功させることができるからね」 続けてカルーソは、ジェームズの好調時は大黒柱に任せることがチームの“戦術”だとした。 「それ以上にできることはない。彼のような選手がいる場合はボールを渡し、あとは任せる。これが(第5戦で)僕たちのやったことだ。彼は歴代で最も偉大な選手の1人だからね」 キャリア17年目で自身10度目となるファイナル出場が決まったジェームズ。今プレイオフでは平均26.7得点、10.3リバウンド、8.9アシスト、1.3スティール、1.0ブロックを記録するなど、35歳となってもその能力に衰えはない。もしレイカーズがリーグ優勝を果たし、ジェームズがファイナルMVPを受賞した場合は、異なる3チーム(ヒート、キャバリアーズ、レイカーズ)で同賞に輝いた史上初の選手となるが、ジミー・バトラーを筆頭に優秀なディフェンダーを揃える古巣ヒート相手に“キング”の支配力がどこまで通用するのか見ものとなる。

その他の最新ニュース

“Go New York Go!” 誰よりもニックスを愛する男、スパイク・リー【大井成義コラム vol.6】

ドック・リバースHCがクリッパーズ退任へ 76ers、ペリカンズが早くも新指揮官候補で接触

ビクター・オラディポ、ペイサーズとの“決別を決断か 米記者指摘「今オフに移籍したいと考えている」

ヒート指揮官がバム・アデバヨを絶賛「最高の競争者の1人」

シャック、10年ぶりにファイナル進出達成した古巣レイカーズに賛辞「優勝できれば、より特別になる」

【無料】ナゲッツ vs レイカーズ 第5戦を観る

コメント(26件)

    関連タグ

    チーム

    • レイカーズ

    選手

    • Alex Caruso
    • LeBron James

    キーワード

    • ニュース全般
    • NBAファイナル
    • NBAプレイオフ2020

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. レブロン・ジェームズの支配力を同僚が称賛「試合終盤、彼がアウトサイドシュートを決めだしたら相手は終わり」