ニックス、ドノバン・ミッチェル獲得の可能性潰える? 米記者指摘「パートナーシップの夢を…」

ニューヨーク・ニックスは7月30日(日本時間31日)にトム・シボドー新HC(ヘッドコーチ)を招聘し、再建に向けて動き出した。しかし、今年も厳しいオフシーズンを過ごすことになりそうだと、地元紙『デイリーニュース』のステファン・ボンディ記者は推測している。 昨オフにケビン・デュラント、カイリー・アービング(ともにブルックリン・ネッツ)といったスーパースター獲得に失敗したニックスは、今季も21勝45敗でカンファレンス12位に低迷。2012-13シーズンを最後にプレイオフ出場から遠ざかっている。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

シカゴ・ブルズのザック・ラビーンやフェニックス・サンズのデビン・ブッカー、サンアントニオ・スパーズのデマー・デローザンらスコアラー獲得の噂が浮上する一方、ニックスのターゲットと報じられたもう一人がユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルだった。 ニューヨーク州エルムスフォード出身のミッチェルは、自身の元代理人であるレオン・ローズのニックス球団社長就任を、「僕はレオンが死ぬほど好きだよ。彼が役職について、ニックスは正しい方向に進んでいくだろう」と支持。さらに、ミッチェルにとっては恩師の一人であるジャズのアシスタントコーチだったジョニー・ブライアントをアソシエイテッド・ヘッドコーチとして招聘しており、“つながり”は少なくない。 もっとも、ミッチェルはジャズと5年総額1億7000万ドル(約181億円)の延長契約を結ぶと見られており、2020年のドラフト1巡目8位指名権を保有し、キャップスペースも5000万ドル(約53億円)以上にのぼる可能性があるニックスでも獲得にこぎつけるのは容易ではない。 ボンディ記者は「ドノバン・ミッチェルの契約延長の待機報道は、ニックスのパートナーシップの夢を打ち壊す」と報じている。今年はドラフト、フリーエージェントともにそこまでの大物は不在とも言われるが、ニックスは再建の目玉としてどのような一手を打つのだろうか。

コメント(20件)

  • 020
    Taka
    2週間前

    強いチームにはヒトは集まるけど、弱いチームには集まらないよね。10年前くらいのウォリアーズがまさに良い例。 ニックス、我慢のときです。良い選手を獲得ではなく、育成しよう。

    1
  • 019
    KAMO-1223
    2週間前

    RJ、みっちゃん中心のチームづくりを!

    1
  • 018
    KAMO-1223
    2週間前

    またいつもの来る来るサギ、取るとる詐欺ですか… 現実をみて一歩ずつ前進しましょう🏀

    0
  • 017
    easy
    2週間前

    もうさ、ラグジュアリーでもなんでもいいから超過タックス払いまくってスーパースター取りまくろ?15人全員オールスター選手とかにしちゃいなよ。ねえ、オーナーさん、金あるんでしょ? もうオーナーの名前さえ忘れちゃって出てこないよw

    1
  • 016
    ストックトン大村八
    2週間前

    遊ぶ事と暮らす事だけなら、まず間違いなくほぼ全員ニューヨークには行きたいと思うだろうけど、肝心の仕事の面で、長年ニックスが良くないと思われていては、まあ誰もそこで働きたいとは思わないからね・・・

    0
  • 015
    マナル
    2週間前

    ドノバンの気持ちは?MSGは最高の舞台!へなちょこNICKSでさえいつも大盛況、球団価値も1番、そこに立つ気はあるのだろうか?にしても再建への道は険しく遠いレオンの手腕に期待します。焦らず1歩1歩着実に進めてもらいたいです。

    0

関連タグ

チーム

  • ニックス

選手

  • Donovan Mitchell

キーワード

  • 移籍・トレード

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ニックス、ドノバン・ミッチェル獲得の可能性潰える? 米記者指摘「パートナーシップの夢を…」