再開シーズン開幕戦で中断前から2倍以上の平均視聴者数を記録

シーズン再開初日の7月30日(日本時間31日)にTNTで放送されたユタ・ジャズ対ニューオーリンズ・ペリカンズと、ロサンゼルス・レイカーズ対ロサンゼルス・クリッパーズの2試合の平均視聴者数が、シーズン中断前に全放送局で放送されたレギュラーシーズンの平均視聴者数の2倍以上の数字を記録した。NBAが31日(同8月1日)に発表した。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

シーズン中断前に放送されたNBA中継の毎分平均視聴者数は140万人だったが、この日のTNTの放送は平均で290万人が視聴しており、なかでも2試合目に行われたレイカーズ対クリッパーズは平均視聴者数340万人と大きな注目を集め、その試合が放送されていた午後9時45分から午後10時の間に最多の410万人の視聴者を記録したという。 また、再開初日に放送された番組『Inside the NBA』も2018-19シーズンの開幕週以来で最多の平均視聴者数(130万人)を記録し、NBA関連のソーシャルメディア・アカウント(@NBA、@NBAonTNT、@NBATV)が投稿した動画は合計で7500万回以上の再生数を記録したという。 シーズン再開初日の1試合目に行われたジャズ対ペリカンズは106-104でジャズが勝利し、2試合目のレイカーズ対クリッパーズは103-101でレイカーズが勝利と、どちらも僅か2点差で試合が決まる熱戦となった。

コメント(3件)

  • 003
    ohhhh
    1か月前

    いや多いだろw

    1
  • 002
    Jay-K
    1か月前

    普段140万くらいにしか見られてないのか…

    1
  • 001
    こうじ
    1か月前

    すげー

    0

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 再開シーズン開幕戦で中断前から2倍以上の平均視聴者数を記録