キャリア14年目のJJ・レディックがNBAでの思い出を語る「最も記憶に残っているのは2009年のファイナル」

ニューオーリンズ・ペリカンズの公式サイトで、JJ・レディックがQ&Aに応じた。 レディックは名門デューク大学出身で、2006年のNBAドラフト1巡目11位指名でオーランド・マジックに入団。その後、ミルウォーキー・バックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、フィラデルフィア・76ers、ペリカンズといったチームでプレイしてきたベテランシューターが、14年目を迎えているキャリアの思い出など、様々な質問に以下のように答えている。 ――NBAで最も思い出に残っている瞬間は? マジック時代に2009年のNBAファイナルでプレイしたこと。 ――NBAで決めたダンクの中で、最も印象に残っているのは? NBAでは1回しかダンクしたことがないから、その時のことをよく覚えているよ。ギルバート・アリーナス(元ワシントン・ウィザーズほか)が右エルボーから放ったシュートが外れて、ドワイト・ハワード(現ロサンゼルス・レイカーズ)がザザ・パチュリア(元ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)を押しのけてオフェンス・リバウンドをキャッチしたんだ。その時、右コーナーにいた私は、ドワイトがリバウンドを取ったのを見て、ベースラインを走った。そして彼のパスを受けた私は、美しいボースハンドダンクを決めたんだ。テレビの実況者も「初めてJJのダンクを見た!」と言っていたよ。もう8年も前のことだよ(笑)。 ――ルーキー時代、NBAに関することで一番驚いたのは? シーズンの長さ。レギュラーシーズンが82試合あって、それ以外にもプレシーズンやプレイオフもある。NBAの1シーズンは、大学のシーズンの2年半から3年分の試合数があるんだ。 ――マッチアップした選手の中で、最もタフだったのは? ドウェイン・ウェイド(元マイアミ・ヒートほか)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)、マヌ・ジノビリ(元サンアントニオ・スパーズ)、コービー・ブライアント(元レイカーズ)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)。彼らは、今までプレイした中でも最高の選手たちだ。 ――ペリカンズ以外で、格好良いと思うNBAのユニフォームは? あまり考えたことがないけれど、ピンクを使ったマイアミ・ヒートの”マイアミ・バイス・ユニフォーム”は良いね。 ――アウェイのアリーナの中で、一番のお気に入りは? マディソンスクエア・ガーデンだ。17歳の時に出場したマクドナルド・オールアメリカンで、初めてMSGでプレイした。その後、デューク大学時代にも毎年MSGでプレイしたから、もう18年から19年連続でプレイしていることになるよ。あのアリーナには、独特なエナジーや盛り上がりがある。ニューヨークは最高だね。

コメント(5件)

  • 005
    くりぽ
    3か月前

    ロブシティ時代はとってもお世話になりました

    1
  • 004
    パチュリア
    3か月前

    JJがオフボールで細かく動き回ってフリーになってスリーを決めるの何度見たことか、、

    0
  • 003
    te-o
    3か月前

    レディックはカッコ良かった。マジックに戻って来ないかな…

    0
  • 002
    がんけんカリー
    3か月前

    その試合観たい!

    1
  • 001
    [設定されていません]
    3か月前

    このコメントは削除されました

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • JJ Redick

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. キャリア14年目のJJ・レディックがNBAでの思い出を語る「最も記憶に残っているのは2009年のファイナル」