NBAとセレブのあぶない交友録/vol.3:ジャスティン・ビーバー(ミュージシャン)

モップヘアがトレードマークのキュートな少年が世界中の話題をさらったのは10年前のこと。21世紀を代表するポップ・スター、ジャスティン・ビーバーは規格外のスター性でポップ・ミュージック界を席巻しました。公の場に登場する度に賞賛と批判を浴びるお騒がせセレブ、ジャスティンのこれまでのエピソードとあふれるNBA愛をプレイバック!

SNS世代のキング・オブ・ポップ!

ジャスティン・ビーバーのプロフィールをご紹介。インスタグラム、ツイッターともにフォロワー数は1億人以上を誇るジャスティン・ビーバー。幼いころから独学でピアノやギター、ドラムなどの演奏を習得した天才肌で、デビューのきっかけは当時12歳のジャスティンが歌う姿を母親がYouTubeにアップしたことでした。

動画はこちら

動画は瞬く間にネット上で話題をさらい、14歳でレコード会社と契約。2009年、15歳の時に『One Time』でデビューすると、あどけなさが残るキュートなルックスと圧倒的な歌唱力で、一躍人気アイドルに。翌年リリースしたシングル『BABY』は爆発的な大ヒットを記録し、同曲を収録したアルバムはグラミー賞で最優秀新人賞にノミネートされるなど、順調にスターダムを駆け上がりました。 プライベートではティーンに絶大な人気を誇る女優のセレーナ・ゴメスと交際。10代の理想のカップルとして羨望の的になったふたりですが、次第にジャスティンの素行の悪さが災いして世間から大バッシングを受けるようになってしまいます。セレーナとの破局の影響もあってか、うつ病とドラッグ中毒に悩まされたジャスティンでしたが、2015年にはシングル『What Do You Mean?』をリリース。2018年にモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ボールドウィン)と結婚したことで大きな話題になりました。

アーティストとしての才能のみならずスポーツも万能

幼くして桁外れの成功を手にしてしまったゆえに、苦悩が絶えないジャスティン。さぞ不健康な生活を送っているかと思いきや、実は大のスポーツ好きで二の腕やお腹の筋肉はバッキバキ。SNSなどでたびたび自慢の肉体美を披露しています。 特にバスケのテクニックはプロも一目置くほど。2011年のNBAオールスター・セレブリティゲームでは、ニック・キャノンやコモン、ジェイミー・フォックスらとともに参戦し、チーム・ウェストとチーム・イーストの2チームに分かれて対戦しました。チーム・ウェストに所属していたジャスティンはその試合でMVPに輝く大活躍! 単なるバスケ好きセレブではなく、プレイもスゴイことが証明されました。2018年には7年ぶりに同試合に出場。惜しくも2度目のMVPは逃したものの、華麗なドリブルやシュートでファンを魅了したのは言うまでもありません。

NBAオールスター・セレブリティゲームに出場したジャスティン

最近では、今年2月にラッパーのドレイクやクエイヴォらバスケ好きのセレブたちとともにプレイする動画がSNSにアップされ話題に。しかもこの動画を撮影したのがカーメロ・アンソニー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)の復活を支えた超人気トレーナーのクリス・ブリックリーで、「2020 NBAオールスターゲームよりいいゲームだ!」とジャスティンらのプレイを絶賛したとか。

動画はこちら

ジャスティンはセレブきってのNBA好き!

あのコービーとも親交アリ!プレイするだけでなく、バスケ観戦も大好きなジャスティン。NBAの試合にも度々足を運んでいます。ジャスティンが10代の頃に交際していたセレーナやモデルのアシュリー・ムーアなど歴代の彼女と試合観戦する姿も目撃されています。アシュリーとロサンゼルス・クリッパーズの試合を観戦した際は、試合そっちのけでアシュリーとイチャつく姿をパパラッチされるなど、相変わらず批判にさらされがちなジャスティンですが、NBA愛は本物。自身のワールドツアーでクリーブランド・キャバリアーズのパンツをはいて登場したり、来日の際にシカゴ・ブルズのキャップを被っていたりと、ファッションにもNBAグッズを取り入れているようです。

10代の頃に付き合っていたセレーナ・ゴメスとバスケ観戦デート

今年1月、ロサンゼルス・レイカーズの英雄コービー・ブライアントが事故死した際には、コービーとの2ショット写真をインスタグラムに投稿し、「ありえない。マンバ(コービーの愛称)、君はいつも僕を勇気づけてくれた。僕たちが笑顔になれるような最高の言葉を今までいくつもくれたね! 大好きだよ」とコメント。SNSのアイコンを一時期コービーのものにしたり、レイカーズのロゴ入りジャンパーを着用するなど、追悼の意を表していました。

投稿はこちら

また、フォロワー数が6000万人を超えるSNS王ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が、以前ジャスティンとの2ショットをインスタグラムにポストしたこともファンの間で大きな話題に。200万以上の「いいね!」がつくなど、レアなショットに世界中の注目が集まりました。

キングことレブロン・ジェームズとのツーショットも!

あふれるNBA愛はジャスティンの音楽にも!

ここ数年、音楽活動を控えていたジャスティンでしたが、2020年に完全復帰を宣言。1月にデジタルリリースした新曲『yummy』はソロとして4年振りのシングルとなり、見事に音楽業界へのカムバックを果たしました。さらに今年2月にはニューアルバム『Changes』をリリース。その中の『Intentions』には、「君に指輪をあげる、トロント・ラプターズみたいにね」という歌詞があり、ジャスティンのNBA愛を感じられる1曲になっています。ヘイリーへの愛の大きさを、昨年初優勝した自身の出身国であるカナダのNBAチーム、ラプターズの優勝リングに例えているあたり、さすがスポーツ好き。 同アルバムでは、なんとNBA選手とのコラボも果たしています。その選手とは、レイカーズで活躍するジャベール・マギー。ジャベールはNBA選手と音楽プロデューサーの2足のわらじで活動する多彩な人物で、『Available』という楽曲を提供。ジャスティンとNBA選手のコラボという、ファン垂涎の夢の共演が実現しました。 今年5月8日には、新型コロナウイルスの影響を受けた救急隊員の子供たちに奨学金や助成金を提供を目的とし、アリアナ・グランデとの最新コラボ曲『Stuck with U』をリリースしています。精力的に音楽活動を行うジャスティンの今後の活躍にも期待!

若宮早希:主に旅行ガイドブックを手掛けるフリーライター&エディター。女性ファッション誌『SPUR』のWeb版『SPUR.JP』でセレブ記事を執筆。スポーツとはまったく無縁で、2020年1月、初めて観戦したバスケで3ポイントラインの存在を知る。ネガティブなのに楽観的、海外取材が仕事なのに引きこもり。

コメント(3件)

  • 003
    ぺんきち
    3か月前

    ジャスティンはグラミーで最優秀新人賞は取ってないですよ!!ノミネートだけです!まあ受賞に値する作品ですが…こういう記事とてもいいのでこれからも期待したいです!

    0
  • 002
    ピンクジェームズ
    3か月前

    こういう記事はとても良い!コートサイドで観戦しているセレブへの見方も変わります!

    0
  • 001
    ラス
    3か月前

    マギーが楽曲提供していたとは。。。!

    0

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  • Kobe Bean Bryant
  • 若宮早希

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. NBAとセレブのあぶない交友録/vol.3:ジャスティン・ビーバー(ミュージシャン)