NBAの次代を担う将来のベストプレイヤーは? 名物コメンテーターがジェイソン・テイタムを推薦「彼は特別な選手」

NBAの次世代を担い、将来の“ベストプレイヤー”となる若きスターは誰か。このテーマにおいて現在候補として最も名前が挙がるのは、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチとニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンだ。 昨季新人王に輝いたドンチッチは、今季1試合平均28.7得点、9.3リバウンド、8.7アシストと圧巻の成績をマークするなど、2年目にしてスーパースターとしての地位を確立。昨年のドラフト全体1位指名で、「10年に1人」の逸材と称されるウィリアムソンは、怪我で出遅れたものの、1月のデビュー以降は規格外の運動能力を駆使し、新人ながら平均23.6得点とリーグを席巻している。 この2人の若手のどちらかが、将来的にリーグ最高の選手へと成長することを予想する人が多い中、『ESPN』の名物コメンテーター、スティーブン・A・スミスは、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムがリーグのベストプレイヤーになると予想している。 スミスは5月20日(日本時間21日)に放送された『ESPN』の人気番組『First Take』で、テイタムのオールラウンダーとしての才能に非常に感銘を受けていると、コメントしていた。 「ザイオン(ウィリアムソン)とルカ(ドンチッチ)はどちらも素晴らしく、リーグ最高の選手になるだけの素質を持っている。ただ、これだけは言わせてほしい。この議論にジェイソン・テイタムを含めないのは間違っている。スキル、リーチの長さ、運動能力のすべてを兼ね備えている彼は、誰だって追い越せる素質を持っているよ。ディフェンスも素晴らしい。彼は特別な選手だ」 スミスが言うように、ルーキーイヤーから存在感のあるプレイを見せ、チームの主力選手へと成長したテイタムは、この議論に挙げられるべき実力を持っている。また、テイタムには、ドンチッチとウィリアムソンには無い、プレイオフでの経験もある。2017-18シーズンのプレイオフでは、当時セルティックスの主力であったカイリー・アービング(現ブルックリン・ネッツ)とゴードン・ヘイワードを怪我で欠くなか、テイタムはチーム最多得点(18.5)を記録し、チームをカンファレンス決勝に導いた。 今季さらに進化したテイタムは、イースト3位につけるセルティックスで最多得点(23.6)をマークしているほか、オールスターにも初選出。2月の月間最優秀選手にも輝いている。 ドンチッチ、ウィリアムソン、テイタム。いずれも才能にあふれ、ファンを興奮させるスターであることは間違いなく、いずれかが近い将来リーグ最高の選手と呼ばれる可能性も大いにあるだろう。NBAの次代を担う3選手から目が離せない。

コメント(2件)

  • 002
    うめぼし
    1か月前

    別にリーグNo.1はどうでもいい セルティックスのフランチャイズプレイヤーであってくれれば

    4
  • 001
    kg
    1か月前

    ありえるようなありえないような?

    0

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Jayson Tatum
  • Luka Doncic
  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. NBAの次代を担う将来のベストプレイヤーは? 名物コメンテーターがジェイソン・テイタムを推薦「彼は特別な選手」